御坊市長選 新人三浦氏が出馬表明

 任期満了に伴う御坊市長選(5月17日告示、24日投開票)に向け、新人で元県職員の三浦源吾氏(60)=島=が7日、立候補を表明した。4年前の前回に分裂した保守勢力を一つにまとめられる候補を、との声を受け、38年間の行政経験と幅広い人脈で御坊市の発展に頑張りたいと出馬を決意。公約には人口減少対策や防災、健康を挙げ、「生まれて、住んでよかったまちづくりに全力で取り組みたい」と抱負を述べた。

 後援会長の吉田擴氏(㈱ヨシダエルシス会長)とともに、御坊市役所で会見。初めに吉田氏が「4年前の市長選で2つに割れたようになっている御坊市を、ワンチームにまとめ上げるうってつけの人。日高郡の町や県、国にパイプがあり、行政のノウハウを持っている三浦氏を市長として、市民全員の支持を得て押し上げてもらいたい」とあいさつした。

 三浦氏は「柏木市長の8選不出馬表明のなかで、『ブレない、偏らない、しがらみのない、市民ファーストで市政を推進し、御坊市をワンチームにまとめていただける方を、市民の皆さんで選んでいただきたい』という発言があり、その候補にとお話をいただきました。悩み、考え、相談するなか、私は県職生活38年間、この御坊・日高をよくしようと頑張ってきました。私自身、御坊日高をよくしたいという気持ちは忘れたことがなく、38年の行政経験と培った人脈を生かし、ふるさと御坊市の発展のために粉骨砕身、全力で働かせていただこうと決心しました」と経緯を説明。「柏木市長が取り組んでこられた施策を堅実に、着実に引き継ぎ、『生まれて、住んでよかったまち御坊、誰もが住みたいまち御坊』を実現するため精いっぱい頑張りたいと思っています」と語った。

 キャッチフレーズには「健康で、明るく、楽しく、前向きに、笑顔があふれるまちづくり!」を掲げ、公約は「防災」「健康」など5本柱。「人口減少対策は大きな課題。御坊の素晴らしいところをポジティブに見つめ直し、市民が自信を持てるよう、『御坊はこんないいところだ』と訴えていきたい」と力を込め、具体的な施策については「今後、市民の皆さんの声を聞いてまとめていく」とした。

 市長選に向けては一番名乗り。いまのところ三浦氏以外に目立った動きはなく、無投票の公算が大きくなっている。

写真=コロナ対策のためマスクをつけて会見する三浦氏㊨と吉田後援会長

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る