宣言待たず各自行動を

 安倍首相がいつ緊急事態宣言を出すのか、新型コロナウイルスの報道の中で大きな焦点の一つとなっていたが、6日の大手新聞朝刊報道では感染拡大地域を対象に宣言に踏み切る意向を固めたようだ。緊急事態宣言については、国民の生命や健康に重大な被害を与える恐れがある、全国的かつ急速な蔓延で国民生活と経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある――の2条件を満たせば、政府の諮問委員会の意見を踏まえた上で首相が宣言すると規定されている。感染が急増する東京をみると、確かに出すべき時期だろう。

 緊急事態と指定された都道府県では、知事が外出自粛やイベントの停止等を要請・指示でき、逆に食料品や医薬品などの業務継続を求めるという。外国のような強制力はないため、法的根拠を持つということ以外、今とあまり変わらないのが実情。海外のような都市封鎖とはならないといわれているので、パニックにならず冷静に受けめるべきだろう。そして宣言を受けてどう行動するか、結局は個人の判断やモラルに大きくゆだねられる。宣言が出ていない地域が安全だということでもない。まだ感染者数の少ない和歌山県民も今一度気を引き締めたい。

 志村けんさんの死去を一つのきっかけに新型ウイルスの怖さは多くの国民が理解し、できるだけ人に感染させないよう一人一人が心がけることの重要性も広く浸透してきている。宣言が出ていなくても、出来ることを実践することこそが本質だろう。宣言が出たから外出しない、まだ出ていないから外出してもいい、そんな議論や考えは不要。もはや緊急事態、国難と受け止め、何より感染を防ぐ行動をすぐさま取ることが、今国民に最も求められていることだ。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る