和歌山南陵高 男子バスケ部が始動

 開校5年目になる日高川町和佐の和歌山南陵高校(村田雅彦校長)で今春から、新たに男子バスケットボール部が始動した。全国出場や県大会上位と活躍が目覚ましい同校運動系5つ目の部活動。小学生から社会人までの育成や指導に10年以上携わった経験がある教員がチームを率い、1年生ばかりの部員たちも「日本一のチームになる!」を合言葉に練習に励んでいる。

 部員はナイジェリアからの留学生1人を含めて全員が5期生の19人。約半数が身長180㌢以上や170㌢台後半で中学時代はU16長野代表をはじめ、都道府県選抜やクラブチームで全国ベスト4入りの経験がある選手らがそろう。出身は、監督を務める増井拓也教頭(32)の出身地である長野の8人を中心に、和歌山市5人のほか大阪、兵庫、徳島、愛媛。ほとんどが寮生活を送っている。

 増井監督は日本体育協会のバスケットボール指導員で日本バスケットボール協会の公認コーチ。プロを目指してプレーしながら、東京の大学在学時から国立市でクラブチームを立ち上げ、小学生から社会人までを育成した経験がある。その後、東京都立や神奈川県の私立高校で指導し、昨年春から和歌山南陵高校に勤務。昨年度は地元クラブチームの御坊BBCでもプレーしている。

 練習は体育館で、増井監督と同校教員の和中裕輔コーチ(24)=和歌山市出身=が指導。元気で活気あふれる声が響いている。増井監督は「部員はまだ中学生から高校生になったばかり。それぞれうまさはあるが、強さに欠けるので、心身ともに鍛えていきたい。常に新しいものを求めて勉強し、選手たちのモチベーションを保ちながら、メリハリをつけてやっています。上級生がいないので代わりも務めてあげないといけませんね」。同校の運動部は昨年度、硬式野球とサッカーの両部が県大会準優勝の好成績を収めており、「バスケ部は公式戦初出場で初優勝、全国大会での勝ち星が目標。身長も能力も高く、伸びしろ十分な子たちなので楽しみ。勉強や学校生活もきちんとし、日本一にふさわしい選手を育てたい」と話している。

 和歌山市・河西中出身の武田陽君は「楽しさよりも真剣に全国へ行きたいと南陵の推薦をもらいました。みんなレベルが高く、もっと元気を出してやっていきたい」と抱負。長野・臼田中出身で主将に指名された加藤真央君は「質の高い練習を通し、1年目から全国で勝てるチームにしていきたい」と張り切っている。

写真=シュート練習をする部員㊧と指導する増井監督

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る