マスク不足何とかして

 新型コロナウイルス感染症の予防対策で、3月は政府が目標に掲げた6億枚を超えるマスクが供給され、シャープも工場で生産を始めるなど、全国的な供給態勢は強化されつつあるが、依然マスクが手に入りにくい。

 日高地方でも薬局やコンビニで買えることはほとんどない。先日、筆者は会社の休みを取って御坊市内の大手スーパーやドラッグストアを開店前に巡回。「本日マスクの入荷はありません」と張り紙が出ているところはスルーし、何も張り紙が出ていないところを探す。ちなみに筆者が5店舗を巡回して張り紙がなかったのは1店舗。しかも開店40分ほど前だというのに、すでに約60人がずらり。最終的に150人ほどの長蛇の列になっていた。結局、筆者はマスクを買えたものの、3枚入り1袋のみ。ないよりましか…。

 筆者はたまたま購入できたが、会社勤めの人らはそう毎日朝から並んで買うようなことはできない。また、車を運転できない高齢者だと、筆者のように市内の店舗を巡回することもできない。朝早くから並んで買うのは大変だと思うが、結局は時間に余裕のある人だけがマスクを必要以上に買い込んでしまうのではないだろうかと、勘繰ってしまう。

 マスクの増産をさらに急ぐのは当然だが、平等に分配できる態勢も考えるべき。例えば政府や地方自治体がマスクを買い上げ、不平等や一部の人が持ち過ぎにならないよう調整して配分。もちろん、死亡率が高い70代以上などは優先的に配分してあげればいい。確かにマスクの効果は専門家によって見解が違うが、現状、ないと不安。この不安だけでもマスクで防ぎたいものである。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る