ファイト! 冷たい水の中をのぼってゆけ

 日高川では稚アユの遡上(そじょう)が始まった。日高川町若野の堰堤(えんてい)では、上流を目指す体長7、8㌢のアユが魚道の段差をジャンプして乗り越える光景がみられる。日高川漁業協同組合によると、今年は暖冬だったが、3月初旬に寒い日が多かったため、遡上は昨年より1週間程度遅いという。今月中旬にピークを迎え、5月中旬まで続く。

 昨年秋に河川の下流域で孵化したあと、海で成長。春に川の水温が緩み始める頃から稚アユの遡上が始まった。河口から約8㌔上流の若野堰堤の魚道では、稚アユが水中から勢いをつけて次々に跳びはねる力強い姿を見せている。

 漁協によると、今シーズンは先月12日に遡上が初めて確認された。今年は暖冬で推移したが、先月上旬に雪が降るなど気温が下がったことが影響し、昨年よりも遡上の開始が遅れた。稚アユの大きさは例年並み。昨年は370万匹が遡上し、漁協は今年も同じ程度を期待しているという。

 漁協では鮎種苗センターで卵から孵化させた人工アユ120万匹を育てており、1日にはこのうち17万匹を椿山ダム上流にある支流の寒川、丹生ノ川(龍神村)などに放流した。日高川の友釣りの解禁は日本一早い5月1日。今後も解禁に向けて放流活動を行う。

写真=勢いよく跳びはねる稚アユ(日高川町の若野堰堤)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る