シワができにくい全国1位

 化粧品メーカーのポーラが実施した日本美肌県グランプリ2018で、和歌山県が「シワができにくい」の部門で第1位となった。全国47都道府県を対象に、ポーラが持つ累計1750万件を超える膨大な「肌のビッグデータ」を生かしたランキングの結果。「肌の潤い」「シミができにくい」「マイクロダストに強い」など8部門があり、和歌山県は「くすみがない」が2位、「キメが整っている」が9位で、総合評価でも全国8位と高水準。つまり和歌山は年齢問わず平均してしわがなく肌がきれいな美人が多いということである。

 要因はどこにあるのだろうか。比較的温暖な気候が影響しているのか、それともミカンやモモ、カキなどおいしく栄養たっぷりのフルーツや新鮮な野菜を食べているからだろうか。実はこういったデータをきっかけに、県が新年度から「おいしく食べて美しくなる」プロジェクトを始動する。研究チームをつくって美容に関する県産品の機能性を調べ、情報発信をしていくのが狙い。例えば美容に係る研究・提案では食べ合わせレシピの作成、肌測定器を用いたモニタリング調査などを行い、各種企業と連携してスムージーや弁当、化粧品などの商品開発も進める。また、美容雑誌とタイアップ、動画のSNS展開など積極的な情報発信や有名外食店とのコラボイベント実施、美容関係イベントへの出展なども考えている。

 県産品の戦略的な販売促進で、地場産業の振興につながればいいし、このプロジェクトでさらに県内に美肌が増えることにも大いに期待。いつまでも若々しく見えて元気な和歌山県人であることを願っている。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る