これからも聞く力を養って頑張ります

 春の褒章で日高地方から、和歌山家庭裁判所田辺支部の調停委員小谷眞千子さん(68)=みなべ町芝=が藍綬褒章を受章する。

 小谷さんは2002年4月から家事調停委員、2年後の04年からは田辺簡易裁判所の民事調停委員も兼務している。調停は紛争当事者双方の間に入って話し合いで解決を図ること。調停委員は、申立人、相手方双方の話を聞き、どちらの言い分が正しいかを決めるのではなく、アドバイスなどを送って解決の糸口を見つける手伝いをするのが役割。家事調停は離婚や相続、遺産など家庭の中に起きた問題、民事調停は金銭の貸し借り、交通事故、近隣トラブルなどで、両方の調停委員を務める小谷さんが取り扱う内容は多岐にわたる。「私は主婦で、弁護士さんのように専門知識があるわけではないので、事前にしっかり勉強し、一市民の立場で考えることを心がけています」と常に向上心と緊張感を持って業務にあたっている。田辺調停協会の副会長や監事も務め、会の発展にも尽力している。

 「とにかく相手の話をよく聞く」ことがモットー。離婚調停であっても、人によってケースはすべて違う。「これでよかったのかなという思いはいつもありますが、話を聞いただけですっきりしていただける方もいますし、うまく成立して喜んでもらえたときはやりがいを感じます」と笑顔。受章に「びっくりしました。身に余る光栄です。多くの皆さんの支えがあったからこそと感謝しています。これからも聞く力を養い、勉強を忘れず任期最後まで務めていきたい」と話した。

写真=藍綬褒章を受章する小谷さん

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る