8日 御坊で保護猫とのふれあいの場プレオープン

 保護猫と人のふれあいの場「猫ヒュッゲおーた」が8日、御坊市薗、松原通りの同施設でプレオープンイベントを開催。猫と自由にふれあえる。

 代表者の大笹肇子(としこ)さん(65)=美浜町吉原=は、長年ヘルパーとして勤めた「おたっしゃ倶楽部」を退職。「これまで支えてくれた猫たちに第二の人生を捧げよう」と、「ねこのおうち」を作りたいという夢を実行に移した。「おーた」は大笹さんが16年前から飼っている猫の名。大雨の中、西川で鳴いていた子猫の時に保護した。生まれつき足に障害があり目も悪かったが、元気になってほしいとの気持ちを込めて旺盛の旺を使い「旺太」と名付けた。その後も野良猫を保護し、現在は13匹。夫を亡くしたときも、子どもたちが家を離れたときも、猫たちの存在が心を癒やしてくれた。

 和歌山県は「たま駅長」で有名になったにもかかわらず猫の殺処分の件数が多く、いつも全国ワースト3に入っているという。大笹さんは「すべての猫たちに、うちにいるような安全と幸せをあげることができたら」と、飼い主のいない猫に里親を見つけることを目指している。

 ヒュッゲは「居心地のいい場所」という意味のデンマーク語。スタッフは10人。プレオープンイベント当日は、午前10時から午後3時まで誰でも猫とふれあえる。入場無料。「猫はセラピストだと実感してみてください」と参加を呼びかけている。

 賛助会員を募っており、年会費3000円(正会員は月会費1000円)。問い合わせは大笹さん℡090―1027―3368。

写真=16年前から大笹さんがかわいがっている「おーた」君

関連記事

フォトニュース

  1. ちょっと遅くなりましたが

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る