陸自第304水際障害中隊 施設団の最優秀部隊に

 関西、中部、四国地方の部隊で編成される陸上自衛隊第4施設団の2019年度定期表彰式が9日、京都府宇治市の施設団本部(大久保駐屯地)で行われ、美浜町の第304水際障害中隊(和歌山駐屯地)が最優秀部隊表彰を受賞した。教育訓練の取り組みや無事故の達成など今年度の活動が認められ、1962年の駐屯地開設以来、57年目にして初の栄誉となった。

 第4施設団は8駐屯地11部隊で成り、災害派遣などの任務は関西、中部、中国、四国エリアを担当。今回、第304水際障害中隊が受けた第3級賞状は、同施設団の団長が所属部隊、隊員に授与できる最高位の賞で、広範・多岐にわたる訓練に積極的に取り組み、厳しい訓練中にも人員、車両等の無事故を達成し、部隊の基盤充実に尽力したことが認められた。

 駐屯地内外の行事での広報活動や地域住民との交流に努め、自衛官の募集に力を注いだことも評価され、先月開かれた同施設団戦技競技会では持続走、分隊障害走、銃剣道の3競技で1位を独占、総合優勝を果たし、施設団最強部隊の実力を見せつけた。

 大久保駐屯地で行われた表彰式では、施設団の小谷琢磨団長から、荒木憲中隊長に第3級賞状が手渡された。

 荒木中隊長は「第304水際障害中隊が第4施設団長から第3級賞状を授与されることは、駐屯地の開設以来57年間で初めてのことであり、隊員一同、大変うれしく感じています。これもひとえに、和歌山駐屯地の活動に対する地域の皆さまからのご理解とご協力のたまものであり、心から感謝申し上げます。これからは、『第4施設団における最も精強な部隊』として誇りを堅持し、日本一の部隊を目指しつつ、引き続き和歌山県のために尽力する所存です」と話している。

写真=小谷第4施設団長(左手前)から賞状を授与される荒木中隊長

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る