近代五輪史上初の延期

 やはりというべきか、東京オリンピック・パラリンピックは近代五輪史上初の延期で首相とIОCが合意した。出場アスリートのみならず、関係者、聖火ランナー、テレビ観戦を含め観戦を楽しみにしていた国民皆にとって大変残念な展開だが、これはもう仕方のないことだろう。すでに、日本の努力でどうにかできる状況にはないのだから◆主役である各国アスリート達のコンディションを万全に保つことが望めないのはもちろん延期の大きな理由だが、問題はそれ以前のことのように思う。報道される各国の感染者数・死者数が日毎に増えていく、そのスピードは恐ろしいほどだった。今まさにその脅威が人々の生活にも心にもダメージを与えている以上、気持ちを平和とスポーツの祭典に向けるようにと躍起になって鼓舞しても、到底無理な相談だ。特にイタリアの死者数の急激な増加は背筋が寒くなるほどで、それが報道された時点でオリンピックをこの夏に開くことはできないのではないかと思った。大きな事を行うにはそれにふさわしい潮目を読み、それに乗って成功へと導くべきだが、今はそんな流れがない。いつ、正常な潮流が世界に帰ってきてくれるかもわからない◆五輪のマークが表すのは五大陸。開催地が細心の注意を払って安全を保持できても、訪れてくれるべき各国に平和がなければ、やはり平和の祭典は実現しない。目に見えない微細なウイルスをコントロールできないのは悔しいことだが、天災と同じく傷を広げないようじっと耐えて、通り過ぎるのを待つ以外にない◆すべての災難は、次に生かすべき教訓をそこから汲み取ることができる。悔しい思いをしたことを1年後への糧とできるよう、心を練っておくことができればいいと思う。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る