美浜と県の復興事前計画策定 強靭化大賞最優秀賞

 国土強靭化への取り組みを表彰する第6回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2020の受賞団体が決まり、地方自治体部門で和歌山県と美浜町の復興計画事前策定の取り組みが地方自治体部門の最優秀賞を受賞した。24日には同町の籔内美和子町長が県庁で県の担当者とともに会見し、「各地区への計画に対する意見聴取などを進め、計画の精度をより一層上げていきたい」と意欲を示した。

 ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)は、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が主催。次世代のレジリエンス社会構築へ、強くてしなやかな国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等を実施している企業・団体を評価、表彰。▽企業・産業▽地方自治体▽教育機関▽NPO・市民活動――の4部門があり、全体のグランプリ(1団体)、各部門ごとに金賞(各1団体)が選ばれ、次いで最優秀賞、優秀賞などが選ばれた。

 県と美浜町は「復興計画事前策定の推進~発災後も地域への愛着・誇りを持って暮らし続けるために~」をテーマに、美浜町の復興に関する事前準備計画策定までの取り組みを地方自治体部門に共同でエントリーし、最優秀賞を受賞した。

 取り組み内容は、県内における地震による建物の倒壊や死者、負傷者数、津波による浸水などの被害想定を示し、発災後、人々が地域への愛着、誇りを持ってこのまちで暮らし続けたいと思う気持ちを失うことのないよう、迅速に、より良くまちや産業を復興させるための復興計画事前策定の必要性を訴えた。次に県が復興計画の事前策定に向けた統一手法研究会を開き、東日本大震災の復興事例を詳細に研究し、18年4月に復興計画事前策定の手引きを作成。その基本方針や、南海トラフ地震などで津波災害が想定される沿岸部に危機管理官を本部長とした、市町村復興計画の事前策定支援本部設置などの取り組みをまとめた。

 美浜町は19年3月、県の支援を受け、いち早く計画策定に着手し、復興に関する事前準備計画を県内で初めて策定した。復旧期編として、応急仮設住宅必要建設戸数782戸、必要建設用地約7㌶の用地を確保、災害廃棄物に関して、がれきの置き場所を選定。避難所生活から迅速に仮設住宅に生活の場を移す。復興期編では、コミュニティーの保持、コンパクトシティー化、道路ネットワークの充実などを方針とし、被災前よりも暮らしやすい活力あるまちに再生する計画を示した。策定後は、各地での講演や発表、視察の受け入れなどを行い、計画策定の必要性の紹介にも取り組んでいる。

 会見で県の鳥羽真司企画総務課長が概要を説明。県で最初に策定されたことや、同計画が被災した住宅エリア現地での再整備を基本スタイルにしていること、仮設住宅用地、がれきの置き場所、町づくりをそれぞれの場所で計画し、スムーズな復興を見込める内容が評価されたとした。

 籔内町長は「本町の計画が評価されたことを大変うれしく思う。県や皆さんの指導を受けながら、自分たちで策定した計画。職員の労も労いたい」と受賞を喜び、「災害が発生したあと一日でも早く復興に進めるよう今後は、各地区への計画に対する意見聴取や仮設住宅候補地の事前同意書を徴収していくことで本計画の精度をより一層上げていきたい」と強靭化への決意を示した。

写真=受賞の喜びを話す籔内町長㊧と県の鳥羽企画総務課長(県庁で)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る