由良町長選 馬場氏も事務所開きで気勢

 4月21日告示、26日投開票の由良町首長選へ、新顔で出馬を表明している町議会議長馬場博文氏(56)=衣奈=の後援会が29日、網代地内で事務所開きを行った。支持者ら約400人(主催者発表)が集まり、馬場氏は「ふるさとを豊かに 未来に希望を!」をスローガンに、産業の育成、防災・防犯対策の強化などの公約の実現に向けて取り組むことを約束した。

 冒頭、後援会の山中孝次会長(65)は「JA職員時代の経験、民間での商業、PTA活動、町議会での経験などがある。国や県にパイプも持っている。若くてこれから伸びしろも大きい人物だと確信している」とあいさつ。町議会の中村真一議員、森三枝子議員、野田悟議員、山本大議員の4人も、「バイタリティーがあり、信頼できます」などと政治家としての人柄を紹介した。

 馬場氏は「生まれ育った由良町が大好きです」と切り出し、「昨年12月、畑中町長が突然の不出馬宣言したことを受け、思い悩んだ末に由良の将来を担っていこうと決意した。前政権を引き継ぎながらさらに豊かなまちつくりに取り組む」と立候補を表明した経緯を説明。「未来に希望を持てる町にするため、誠心誠意、全力で皆さんに約束したことを実現させます。死にもの狂いで由良町をよくするために頑張ります。集まった皆さんの支えの輪を広げて馬場を男にしてください。どうかよろしくお願いします」と呼びかけた。

 最後は全員でガンバローコールを行い、支持者らが選挙戦に向けて結束を強めた。

 公約には▽産業の育成▽防災・防犯対策の強化▽福祉の充実▽人口の減少対策▽教育の充実――の5つを掲げ、具体的には「農業、漁業、商工業の振興で所得向上」「子ども、高齢者の見守り、バリアフリー」「若者の定住対策」「国道42号水越峠などの早期改良」などとしている。

写真=ガンバローコールで気勢を上げる馬場氏㊧と山中後援会長㊨ら

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る