由良町長選 山名氏が事務所開き

 4月21日告示、26日投開票の由良町首長選で、立候補を表明している元町議会議員の新人山名実氏(63)=吹井=の後援会が28日、網代地内で事務所開きを行った。町内外から約200人(主催者発表)の支持者らが集まり、山名氏は「希望ある町に」をスローガンに、若者定住対策、高齢者支援などに取り組むことを約束。支援者らが一致団結し、選挙戦に向けて気勢を上げた。

 冒頭、山名氏と同級生の山本卓郎後援会長(63)は、「(山名氏とは)幼稚園、小学校、中学校でともに遊び、学び、過ごしました。正義感が強く、友達を思いやる人柄で人を引き付けるものを持っています。いままで町議として活動してきましたが、町民のために誠心誠意取り組みました。町長選ではぜひ、皆さんの温かいご支援を賜りますようお願いします」とあいさつ。来賓の玉置一郎議員も「まっすぐな人柄の人です。由良町のまちづくりを皆さんとともにやっていきましょう。力添えをお願いします」と呼びかけた。

 山名氏は「新型コロナウイルスのこともあり、事務所開きは関係者の一部でだけ開催しようと思っていましたが、こんなに多くの人に来ていただいて感無量です」とし、「私は由良町が大好きです。由良町を希望のある町にしたいという強い思いがあります。よりよい町にし、町民の皆さんが安心・安全に暮らせるように全力で取り組んでいきます。ご支援、ご指導をよろしくお願いします」と力強く語った。

 最後は次男の山名弘泰さん(33)が音頭をとり、ガンバローコールで締めくくった。

 公約には▽若者が集う住みやすい町づくり▽高齢者・子育て世代にやさしい町づくり▽産業振興で豊かな町づくり――の3つを掲げ、若者定住、防災対策、高齢者支援、教育、産業振興の5つの施策に取り組むとしている。

 山名氏以外には町議会議長の馬場博文氏(56)=衣奈=と名古屋市在住のファイナンシャルプランナーの根来英樹氏(50)も出馬を表明。馬場氏も網代地内に後援会事務所を開設し、29日午後2時から事務所開きを行う。根来氏は選挙に向けて準備中で、「4月上旬にも公約を示す」としている。三つ巴となる首長選は1955年以来、65年ぶり。

写真=山本後援会長㊧らとともにガンバローコールで一致団結

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る