日高地方でロケ、映画ソワレ公開へ着々

 御坊日高が舞台の映画「ソワレ」(配給=東京テアトル)は、今夏終わりごろの公開へ準備が進められており、公開前の作品PR映像「超特報」が、映画館や公式SNSで公開されている。昨年夏に御坊市や日高郡内で撮影が行われ、地元住民もエキストラ出演した待望の一作。応援する御坊日高映画プロジェクト実行委員会にも宣伝用「超ティザーチラシ」が届き、期待が一層膨らんでいる。

 ソワレは、俳優で演出家の豊原功補さんや歌手で女優の小泉今日子さんらが設立した新世界合同会社の第1回プロデュース作品。海外の映画祭で受賞経験のある外山文治さんが監督を務めている。

 物語は役者を目指しながらも生きる意味や夢を見失いかけている青年と高齢者施設で働く女性が出会い、ある事件をきっかけに先の見えない逃避行に出るという切ない恋が描かれ、御坊日高のまちや豊かな自然を背景に進行。主役の岩松翔太役は俳優村上虹郎、ヒロインの山下タカラ役は女優芋生悠が務めた。

 映画制作に向けては御坊日高でのロケをサポートしようと、地元官民が一体となった実行委が発足。昨年7月に撮影が行われ、協賛金は1000万円が集まった。

 東京テアトルの担当者によると、公開に向けた準備は着々。予告編や特報の前段階という「超特報」が、テアトル系列の映画館で上映されている。超特報は32秒間の映像で、公式のツイッターやインスタグラム、ユーチューブでも視聴可能。今後、ポスタービジュアルや場面写真も解禁されていくという。

 あえて詳しく紹介しない「超ティザーチラシ」はテアトルシネマグループの公開劇場と系列劇場、ロケ地和歌山県展開用で計10種類のカラーパターン。実行委には700部が届き、官公庁等に掲示していくほか、御坊商工会議所やお仏壇の「阪本」(御坊市湯川町丸山)で配る。

 「阪本」を経営する御坊日高実行委の阪本仁志実行委員長は「去年の夏に撮影があり、晩夏の公開へ盛り上げていきたい。ロケ地の御坊日高という素晴らしい地域、豊かな自然が世界にインパクトを与え、アピールできれば。地元の皆さんにも映画館へ行ってもらえるようPRしたい」と期待に胸を躍らせている。

写真=ティザーチラシを手に阪本実行委員長

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る