感染防止へ意識新たに

 引き続き新型コロナウイルスが猛威を振るっている。小中高校や保育園、幼稚園の卒業、卒園式も出席者を限定したり、時間を短縮して行った。休校要請の翌日に急きょ、式を行った高校では卒業生と教職員のみ出席。通常の卒業式と違って緊張感がなく和やかな雰囲気で行われ、生徒たちは「自分たちらしい式となった」と満足しているようだったが、保護者にとってはやはり残念だっただろう。小中学校では卒業生と保護者、教職員のみで行うところが多く、在校生の送る言葉がなかったのは残念だが、通常通り別れに涙する生徒や、立派に卒業する我が子に目頭を熱くする保護者がみられた。

 入学式はいまのところ予定通りの日程で行われ、地域には再び子どもたちの姿が戻ってきそうだが、ウイルスは終息の気配を見せない。世界ではアメリカで感染者が急増。26日時点では感染者が8万1000人を超え、中国やイタリアを抜いて世界最多になった。日本国内では他の国に比べては少ない数字を保ってきたが、東京で急増し、25日に41人、26日には47人が確認された。

 気が緩んできているとの声もあるが、実際、御坊市内の飲食店でも休校要請直後はどの店もがらがらになっていたが、いまでは平日でも家族向け飲食店は満員。地域経済のためにも飲食店の利用はある程度必要だが、意識が低下している感が否めない。

 4月は異動の時期であり、紀北、紀南で行き来するだけでなく、県外からも多くの人が入ってくる。これを機に和歌山でも感染が一気に拡大することが懸念される。再び気を引き締め、感染対策を徹底しよう。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る