感染者以上に苦しんでいる人も

 昔むかし、東北のある村で、村に原因不明、治療困難な病人が出た場合、狐が憑いたのではないかと疑い、その身内が霊験あらたかな霊媒師を訪ね、狐落としを依頼したという。

 病人の着物と白米、銭、ろうそくなどを持参し、それらを拝殿に供え、霊媒師が数珠をもみながら呪文を唱えると、突如、病人に憑いている狐が霊媒師に憑依し、「〇〇(病人)の生肝を食うまで離れられない」などとしゃべり始める。

 身内は「お前のような畜生に人間の生肝を食われてたまるか!」と怒り、言い争いの末、病人の身内が勝ち、狐は病人の体から出ていくかわりに、好物の卵焼きや油揚げを道の角に置けと指示を出す…。

 よく似た話に、海外のホラー映画で知られるキリスト教の司祭と悪魔の闘いがある。日本語で「悪魔払い」と訳されるエクソシズムは古来、悪霊との闘いではなく、異教から改宗する際に精神のバランスを崩した信者を落ち着かせ、不安を取り除く行為だったともいわれている。

 日本の狐憑きも欧米の悪魔憑きも、根底には正体が分からないウイルスや心身の病があり、俗にイタコやエクソシストと呼ばれる人たちも、現代社会のセラピストやカウンセラーと役割は同じであろう。

 都会の極端な人口集中、グローバルな人の流れが病原体を拡散し、かつては地域で封じ込めることができたウイルスがパンデミックにつながる。また、情報化と格差社会が人の心を疲弊させ、恐怖や不安を広げる。

 いま、新型ウイルスに感染せずとも、経済的打撃により、感染者以上に苦しんでいる人たちがいる。飢饉と謎の疫病の危機に見舞われた昔話の村と同じく、心に寄り添うカウンセラーが求められている。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る