御坊のオートキャンプ場 3連休大にぎわい

 新型コロナウイルスの感染予防、拡散防止対策で、スポーツの大会や文化イベントの自粛、テーマパークの臨時休園が続くなか、御坊市野口のオートキャンプ場が20日から22日までの3連休、多くの家族連れらでにぎわった。コロナショックもなんの、子どもが屋外で遊べるところとしても注目度がアップ。満員の利用で、日高川のせせらぎにテントの花が咲き、子どもたちの元気な声が響いた。

 管理・運営する市ふれあいセンターによると、3月のキャンプ場オープンは2年目。ブームもあり、すでに昨年3月1カ月間の利用を超える人気ぶりとなっている。新型コロナウイルスの影響でキャンセルも若干ある一方、それを上回る予約でいっぱい。対策として職員はマスクを着用し、シャワー室の利用を中止したり、受付、トイレ、炊事場に消毒液や手洗い用洗剤を設置したりしている。

 3連休中は天候にも恵まれ、大阪を中心に県内外から、それぞれ一日約50組満杯の利用で大にぎわい。21日昼もテントを張り、飲食を楽しむ大人や走り回る子どもの姿が見られた。

 大阪市から家族5人で来ていた会社員矢野真也さん(39)は「どこか行きたいなと思ってネットで見つけました。広々としていて気持ちいい」と話し、長男颯大君(10)らきょうだいもバドミントンで大はしゃぎ。

 堺市から来た5歳と2歳の子ども連れの30代夫婦も「新型コロナウイルスの感染予防で、子どもたちは日ごろ家の中で過ごすことが多く、外で思い切り遊べるところと思って、キャンプへ行きたいなってことになりました。初めて来ましたが、いいところですね」と笑顔を見せていた。

写真=満杯の利用があったキャンプ場(21日)

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る