御坊こども食堂 休校後は平日昼もオープン

 新型コロナウイルスの感染リスクを減らすため、各地で「子ども食堂」の中止が相次ぐなか、子どもたちの大切な居場所をなくすわけにはいかないとして、衛生面に配慮しながら運営を続ける食堂もある。NPOフードバンク和歌山(古賀敬教会長)の「御坊こども食堂」もその一つで、小中学校の一斉休校を受けて今月2日から平日も毎日、昼食を提供。「遠慮せずに来てください」と呼びかけている。

 子ども食堂は全国的に貧困や共働き、一人親の家庭、「親が仕事の日は一人でご飯を食べている」という食事に困っている子どもたちが自由に食べに来られる〝居場所〟。御坊こども食堂は食事に困っているかどうかにかかわらず、全ての子どもたちを対象に、毎週土曜の昼食と毎月第2・4日曜の夕食を、子どもに無料で提供している。

 御坊こども食堂では2020年度から、春休み、夏休み、冬休みの学校長期休業に、平日の開催を始める予定だったが、今回の新型コロナによる小中学校の一斉休校を受け、「子どもたちを放っておけない」と前倒し。消毒の徹底やできる限りの対策を講じ、今月2日から平日昼間に開催している。急な決定だったが、役員が資金を出し合いスタート。食材の提供もあり、おにぎりやカレー、そばにサラダ、みそ汁を付けて提供しており、平均で数人を受け入れているという。

 場所は御坊市湯川町財部、元ソフトバンク御坊2階の日高総合型クラブ。平日は正午から午後1時までで要予約となっている。毎週土曜の昼食と毎月第2・4日曜の夕食も通常通り。アレルギーのある人は受け入れられない。初回は保護者の同意書が必要。事務局は「子どもたちを家で一人にはしておけません。感染対策は徹底しています。遠慮せずに来てほしい」と話している。

 予約や問い合わせは℡080―3792―0000。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る