和歌山県へ中国からマスク3万4000枚届く

 中国駐日本国大使館と遼寧省大連市政府が21日、和歌山県に新型コロナウイルス対策用のマスク3万4000枚などを寄贈した。

 マスクが医療用2万枚、N95(アメリカ労働安全衛生研究所規格)1万枚、N95同等品4000枚。ほか防護服2500着、医療用手袋2万枚、微酸性次亜塩素酸水スプレー6360本。自民党の二階俊博幹事長が大連市の名誉市民を務めている縁で贈られた。

 贈呈式では中国駐大阪総領事館の何振良(カ・シンリョウ)総領事から仁坂吉伸知事、大連金普新区日本駐在事務所の王新(オウ・シン)首席代表・所長から岸本健県議会議長に医療物資が手渡された。何総領事と王所長は「中国でコロナが発生したときに世界で一番最初に支援してくれたのは日本。二階先生が『友好関係にある隣国を支援するのは当然』と言ってくれたことに、中国の国民は心を打たれた。両国が手を携えればコロナに必ず勝てる」などとあいさつ。二階幹事長は「互いの困難にはいち早く駆け付け支援することを誓いたい」と強調。仁坂知事は「すでに中国からたくさんの支援をいただいており、一層安心が増した」と感謝した。贈呈を受けた医療物資は県の新型コロナウイルス対策本部から医療機関などに配布する。

写真=医療物資を横に置き王所長、何総領事、二階幹事長、仁坂知事(左から)ら

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る