南部梅林の来場者が大幅減

 みなべ町の梅の里観梅協会は、南部梅林(晩稲)の今年の来場者数をまとめた。総数は2万406人で、ここ15年で最も少なくなった。暖冬で開花が例年にないほど早く、オープン時にはほぼ満開状態で見ごろが前半に集中したことと、新型コロナウイルスの感染が広がり、国内のツアーや中国など外国からの団体客が軒並みキャンセルとなったことが大きく影響した。

 過去15年の来場者数をみると、最も多かったのが07年の3万8700人で、11年までは毎年3万人以上をキープ。12年に2万8145人と3万人を切り、13年に再び3万917人に増えたが、その後は2万人台となり、16年の2万4649人が最も少なかった。一昨年2万9711人、昨年も2万9845人と好調で目標の3万人をほぼ達成していたが、今年は天候と見えないウイルスの影響をもろに受けた。

 1月の平均気温が9度あり、10年(2010~19年)平均6・4度より2・6度も高く、雨も多かったため開花は例年より20日ほど早かった。2月1日のオープン時には満開に近く、第2週末の8、9日と祝日の11日が最盛期。梅まつりを開催した11日は今季最高の4300人が訪れるなど大いににぎわったが、その後は花が少なくなり、雨もあって来場者は伸び悩んだ。

 追い打ちをかけたのが新型コロナウイルスで、ここ数年は毎年来ていた中国からの団体客がキャンセル、さらに京阪神からのバスツアーも取りやめとなり、大幅減の要因の一つとなった。開園期間は当初の3月1日までから1週間前倒しを余儀なくされ、24日に閉園した。

 観梅協会の中西久夫会長は「例年になく開花が早く、コロナウイルスでキャンセルも相次ぎ、目標の3万人を達成できなかった。とにかくコロナ問題が早く落ち着いて、来年にはまた多くの人に梅の花を楽しんでもらいたい」と話した。

写真=梅まつりの2月11日は4300人が訪れた

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る