分かりやすく伝える

 もはや地球規模といえる新型コロナウイルスの感染拡大で、世界中の都市で封鎖措置や外出禁止令が出されるなか、「ソーシャル・ディスタンシング」というワードを目にした。調べてみると、感染予防戦略を示す言葉で、「感染拡大を防ぐために物理的な距離をとる」という定義。海外では新型ウイルス対策で、感染リスクを低減するため人と距離をとるよう求めており、大手企業もこの方策を広める広告キャンペーンを行っている。

 各社おなじみのロゴを改変することで概念や意義を視覚的に理解してもらおうという試み。いろいろネットで見たが、分かりやすくて面白かった。ファストフードのマクドナルド・ブラジル法人はフェイスブック上で、同社ロゴの黄色いアーチが2つに分かれている画像を掲載。ドイツの自動車メーカー、アウディは横につながっている4つの輪を離して並べ、フォルクスワーゲンもアルファベットの「V」と「W」を切り離してSNS上に公開している。

 一方、新型コロナウイルスに関するニュースでは、聞き慣れず分かりづらい片仮名が飛び交う。世界的な大流行を意味する「パンデミック」に始まり、「クラスター」(感染者集団)、「オーバーシュート」(爆発的患者急増)、「ロックダウン」(都市封鎖)。専門家の間では日常的な用語で、日本語では正確な意味を伝える適切な表現が難しいのだろうと思う。

 しかし、言葉一つで印象が違ってくるのも確か。ストレートな「都市封鎖」より「ロックダウン」の方がやわらかい感じがし、ショックや不安をやわらげる狙いがあるのかもしれないが、それは受け手の判断で人それぞれである。やはり、ありのままに分かりやすい言葉を使うべき。伝える側として、そう思った。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. これからも人権意識をもって成長を

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る