分かりやすく伝える

 もはや地球規模といえる新型コロナウイルスの感染拡大で、世界中の都市で封鎖措置や外出禁止令が出されるなか、「ソーシャル・ディスタンシング」というワードを目にした。調べてみると、感染予防戦略を示す言葉で、「感染拡大を防ぐために物理的な距離をとる」という定義。海外では新型ウイルス対策で、感染リスクを低減するため人と距離をとるよう求めており、大手企業もこの方策を広める広告キャンペーンを行っている。

 各社おなじみのロゴを改変することで概念や意義を視覚的に理解してもらおうという試み。いろいろネットで見たが、分かりやすくて面白かった。ファストフードのマクドナルド・ブラジル法人はフェイスブック上で、同社ロゴの黄色いアーチが2つに分かれている画像を掲載。ドイツの自動車メーカー、アウディは横につながっている4つの輪を離して並べ、フォルクスワーゲンもアルファベットの「V」と「W」を切り離してSNS上に公開している。

 一方、新型コロナウイルスに関するニュースでは、聞き慣れず分かりづらい片仮名が飛び交う。世界的な大流行を意味する「パンデミック」に始まり、「クラスター」(感染者集団)、「オーバーシュート」(爆発的患者急増)、「ロックダウン」(都市封鎖)。専門家の間では日常的な用語で、日本語では正確な意味を伝える適切な表現が難しいのだろうと思う。

 しかし、言葉一つで印象が違ってくるのも確か。ストレートな「都市封鎖」より「ロックダウン」の方がやわらかい感じがし、ショックや不安をやわらげる狙いがあるのかもしれないが、それは受け手の判断で人それぞれである。やはり、ありのままに分かりやすい言葉を使うべき。伝える側として、そう思った。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る