余ったお花で作ってます

 新型コロナウイルスの影響で需要が減少している花の消費拡大を図るため、農林水産省が家庭や職場に春の花を飾って楽しむ「花いっぱいプロジェクト」を推進するなか、JA紀州(芝光洋組合長)も、イベントの中止により使われなくなったスターチスを活用してフラワーバレンタインの取り組みを進めている。

 例年、3月は卒業式や送別会など各種イベントで花の需要が最も高まる時期の一つだが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のためイベントが中止され、花の需要が落ち込み、価格が下落している。

 花いっぱいプロジェクトはこの状況を受け、家庭や職場での花飾りや花の購入促進を図る農林水産省の取り組み。フラワーバレンタインの一環でホワイトデーに花を贈る花き購入施策や胸ポケットに生花のコサージュを挿す取り組みの推進、イベント開催自粛で余った花を産地と生産者で連携して販売するほか、公式SNSを通じて花飾りや花贈りの事例紹介などを行う。

 JA紀州は毎年、女性会が主体となり、小中学校で卒業式用にフラワーアレンジメント教室を実施しているが、今年は臨時休校のため中止となった。担当のくらしの活動課は、この教室で利用する予定だったスターチスを同プロジェクトに活用しようと11日、ブーケ作りを行った。茎を短くカットしてリボンで飾り、「スターチスの花言葉『変わらぬ心』」と書いたカードとキャンディーが添えられたブーケをホワイトデー前日の13日午前10時から、同JA本店で来客に配布し、フラワーバレンタインをPRする。

 同課の大谷知美課長は「子どもたちが楽しみにしてくれていたイベントが中止になりとても残念。ブーケを配り飾っていただき、地域の皆さんにスターチスが花言葉通り色あせず長く楽しめる魅力ある花であることを知ってもらえれば」と話していた。

写真=イベント用の余ったスターチスでブーケ作り

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ大っきい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る