休校で子ども向け書籍の売れ行き好調

 新型コロナウイルス感染拡大防止への休校措置を受け、書店では子ども向けのドリルや辞書などの学習教材が売り上げを伸ばしている。WAY書店TSUTAYA美浜店(美浜町田井)でも、「大人の方のご利用も増えており、3月に入ってからの売り上げは前年比2倍超なのですが、とくに子ども向けの学習用商品等が好調です」と話している。

 とくに人気が高いのはくもん出版の「総復習ドリル」シリーズで、全国的にも今月当初から「異例の売り上げ」とニュースでも取り上げられていた。同店でも、小学生の保護者から「くもん」を名指しで電話の問い合わせがあるという。

 ユニークさが注目され話題となった文響社の「うんこドリル」シリーズは、売れてはいるが、この時期にとくに伸びたということはなく、むしろスタンダードな教材がよく売れている。同店の特色としては、国語辞典、英和辞典、和英辞典など辞書類がよく出ている。やはり基本的な辞書が売れるが、ドラえもんやディズニーキャラクターを表紙に配して親しみやすいつくりにしたものも人気が高いという。同店には文具コーナーも設けているが、売れ行きの伸びる時期が例年よりも1週間ほど早く、「家庭学習に使われているのではないかと思います」。

 御坊市湯川町財部の炭家書店では「やはり3月になってから、親子連れのお客様がよくドリルを買いに来店されます。子どもさんにはかわいいキャラクター物などが人気で、絵本やコミックもよく出ています」。同町小松原のブキャンドック大谷では「ドリル類もそうですが、絵本やコミックがよく出ています。とくに人気の『鬼滅の刃』は入荷するとすぐに売れる感じです」と話している。

写真=人気の高いドラえもんの辞書(WAY書店TSUTAYA美浜店)

関連記事

フォトニュース

  1. 事件には誠実かつ真摯に

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る