世界に誇る和歌山モデル

 新型コロナウイルス感染者は、ヨーロッパやアメリカで爆発的に増えている。イタリアでは25日現在で感染者が7万人に迫り、死者は6800人を超えた。日本国内の感染者は同日現在で1219人、死者は43人(クルーズ船除く)。今のところ、早い対策が奏功しているといっていいだろう。米紙ワシントン・ポストは和歌山県の新型コロナ対策を「和歌山モデル」として賞賛する記事を掲載した。独自のPCR検査基準を設け、徹底した接触者の追跡で感染の連鎖を断ち切ったことはまぎれもない事実だ。

 仁坂知事とともに和歌山モデルの立役者である野尻孝子福祉保健部技監に聞くと、封じ込めができたキーワードは「情報探知」という。最初の感染となった済生会有田病院に関係する医師や患者らに肺炎症状がみられるという情報が、複数の病院の医師から寄せられたことが早期の検査や接触者の追跡を可能にした。現場で真っ先に異変を察知する医療従事者と、全体を把握して指揮する立場にある野尻技監ら行政が日頃から顔の見える関係を築き、ネットワークを構築していたことこそが、和歌山モデルだと。

 ともすれば、有田病院がクラスターとなりえた事態だった。県内の感染者累計は17人で、爆発的な感染を防いでいる。現場との顔の見える関係とは、野尻技監が御坊保健所長のころからよくいわれていたことだ。和歌山モデルならぬ野尻モデルといっていいだろう。新学期からは小中高校も再開する。油断どころか、これからが感染予防の本番ともいえる。野尻技監は手洗いの徹底、体調が悪いなら休む、人込みを避ける――を徹底してほしいといわれていた。やれることを地道に実践するしかない。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る