マスクは市民権を獲得⁉

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、マスク不足が深刻だ。小売店では品薄の状態が続き、陳列棚から商品が消えた。経済産業省も「捨てマスクを長く使用するため、消毒液をつけることで2、3回程度は再利用できる」と周知を検討するという。ところが、屋外に出ると、ほとんどの人がマスクを着用し、着用していない人を探すのが難しい。「マスクがない」と騒ぐ割にはどこから購入したのかという不思議な思いもある▼数年前、伊達マスクという言葉が流行った。風邪を引いて咳が出たりしているから着用するという本来の目的から外れ、防寒や顔を隠すことを目的とした人たちが使用するマスク。近年では健康志向の高まりからか、普段から着用する人も増えている。欧米では日常生活で着用する習慣はなく、着用者は重大な感染症患者か強盗と疑われるらしい。気軽にマスクを着用する日本とは大きな違いがある▼しかし、日本でもマスクをしていることが失礼という考え方も。特に接客時にマスクを着用するべきか、着用すべきでないのかという論争は以前からも少なからずある。着用に反対派は相手の表情が分かりづらいということ。賛成派はいろんな人と接するため、感染予防などを理由としている。しかし、今回の新型コロナウイルス騒動で、スーパーやホテルなどでも従業員の着用が広がっているようだ。取材でも「できればマスクを着けて」と言われることがある▼マスク着用者は20年や30年前にはほとんど見られなかったが、時代とともに変化しているのは事実。新型コロナウイルスが終息してもマスク着用者はそうそう減らないのかもしれない。マスクは市民権を獲得したといえるだろう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る