ふみ 歓送迎会に! ふみ自慢のちゃんこ鍋

 歓送迎会の宴会場を探している幹事さん、居酒屋ふみを利用しませんか。

 同店自慢のちゃんこ鍋は、オリジナルの鶏つくねと鶏がらベースのあっさり出汁を使用しています。野菜もたくさん食べられるので、食欲のない時にもオススメです。お気に入りの具材は、単品での追加注文もできます。

 価格は1人前1570円(税抜)。

 アツアツのお鍋と一緒に飲みたいのが、生ビール! 同店の生ビールは、ドラフトマスターが自信をもって提供するこだわりの生ビールです。機械の洗浄や入れ方にこだわった最高の一杯になっています。

 自慢のおいしいちゃんこ鍋とこだわりの生ビールをぜひ味わってください。

 「当店のちゃんこ鍋のうまさの秘訣は、せせりを加えた鶏つくねです。ほかのお店では味わえない食感なので、クセになること間違いなしです。さらに、厚めにスライスした豚バラ肉、できるだけ芯に近い甘味の多い部分を使った白菜、鶏ガラを二度炊きする事であっさりとした旨みの薄口しょうゆ味スープ――と、素材やスープにもこだわっています」。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る