こんなときこそ明るい話題

 イギリス・イングランドのプロサッカーチーム、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督(52)が、新型コロナウイルスについて意見を求められ、「私の意見は重要ではない」と一蹴したと話題になっている。世界的に感染拡大が進む新型コロナウイルス。世界中のイベントに大きな影響を与えるなか、記者に質問されたクロップ氏は「私は本当にそれが理解できない。あなたに尋ねた場合、私と全く同じだろう」と答えた。

 記者会見で「有名な人だからといって、私が言うことは重要ではない。専門家がそれについて話し、何をすればいいか教えてくれる。政治、コロナウイルス、なぜ私なのか。私は野球帽をかぶっていて、ろくにひげも剃っていない」と述べ、質問した記者に「君の仕事は情報を伝えることだ。こんな質問をするよりも良い仕事ができるはずだ」。最後に「もちろん私も他のみんなと同じように心配している。私はこの地球に住んでおり、安全で健康的なものであればと思う。しかし、コロナウイルスに関する私の意見は重要ではない」と語った。

 ドイツ・ドルトムント時代には国内リーグ2連覇に導き、現在イングランドのリーグで首位を独走するリバプールを率いる名将。ドルトムントでは香川真司選手、リバプールでは南野拓実選手の指揮官として知られ、その手腕だけでなく愛があってユニークで、情熱あふれるコメントも有名だ。

 先日もリーグ中断を受け、「どうか身体を大切に。互いに気遣い合っていこう」とサポーターに心温まるエール。記者の仕事は情報を伝えること。ネガティブな話題が多いなかも、本紙の今月のテーマになっている「明るいニュース」を届けたい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る