首相の休校要請受け高校は卒業式を前倒し

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け安倍晋三首相が27日、全国の小中高校や特別支援学校を3月2日から休校にするよう要請すると表明。日高地方の教育関係者や保護者には動揺が広がった。県立高校では3月2日に予定していた卒業式を28日に前倒しして行ったり、中止するなど対応。小中学校については各教委で緊急会議が開かれた。

 紀央館高校では保護者と在校生、来賓が出席せず、卒業生と教職員だけの最小限の人数で行い、卒業生同士も間隔を空けて座り、ほとんどの生徒がマスクを着用。大西弘之校長は式辞の冒頭で「このような形になって誠に残念ですが、安心、安全のために理解をお願いします」と述べ、「感謝の気持ちをもって人生の主人公になってください」とはなむけの言葉を贈った。

 卒業生の一人は「保護者や在校生がいないことは残念ですが、このような式をしていただきうれしいです。通常の式より和やかな雰囲気で自分たちらしくてよかった」と話していた。

 日高高校も同様の形で式を実施。南部高校は式を中止し、教室で担任が卒業証書を手渡した。日高中津分校では帰省している県外の生徒が多いこともあって、28日午後以降に保護者に来校してもらい証書を配布する。

 2日以降については3校1分校とも臨時休校することを決めており、再開時期は未定。ほとんどが28日までに試験は終わっているが、試験日程を残している学校もあり、「今後の再開のめどがたっていないので、これまでの成績で評価することも検討している」と対応に追われている。

 突然の表明は、小中学校の現場にも激震が走った。御坊市内の小学校の校長は、「教諭たちもみんな驚いている。各家庭には詳細が分かりしだい報告する旨のメールを送った」と対応。28日登校した子どもたちについては「いつもと変わった様子はなさそうです。授業のカリキュラムや卒業式について、校長会で協議し、早急に対応を決めたい」と話している。

写真=マスクを着用し、間隔を空けて立つ卒業生(紀央館)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る