首相の休校要請受け高校は卒業式を前倒し

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け安倍晋三首相が27日、全国の小中高校や特別支援学校を3月2日から休校にするよう要請すると表明。日高地方の教育関係者や保護者には動揺が広がった。県立高校では3月2日に予定していた卒業式を28日に前倒しして行ったり、中止するなど対応。小中学校については各教委で緊急会議が開かれた。

 紀央館高校では保護者と在校生、来賓が出席せず、卒業生と教職員だけの最小限の人数で行い、卒業生同士も間隔を空けて座り、ほとんどの生徒がマスクを着用。大西弘之校長は式辞の冒頭で「このような形になって誠に残念ですが、安心、安全のために理解をお願いします」と述べ、「感謝の気持ちをもって人生の主人公になってください」とはなむけの言葉を贈った。

 卒業生の一人は「保護者や在校生がいないことは残念ですが、このような式をしていただきうれしいです。通常の式より和やかな雰囲気で自分たちらしくてよかった」と話していた。

 日高高校も同様の形で式を実施。南部高校は式を中止し、教室で担任が卒業証書を手渡した。日高中津分校では帰省している県外の生徒が多いこともあって、28日午後以降に保護者に来校してもらい証書を配布する。

 2日以降については3校1分校とも臨時休校することを決めており、再開時期は未定。ほとんどが28日までに試験は終わっているが、試験日程を残している学校もあり、「今後の再開のめどがたっていないので、これまでの成績で評価することも検討している」と対応に追われている。

 突然の表明は、小中学校の現場にも激震が走った。御坊市内の小学校の校長は、「教諭たちもみんな驚いている。各家庭には詳細が分かりしだい報告する旨のメールを送った」と対応。28日登校した子どもたちについては「いつもと変わった様子はなさそうです。授業のカリキュラムや卒業式について、校長会で協議し、早急に対応を決めたい」と話している。

写真=マスクを着用し、間隔を空けて立つ卒業生(紀央館)

関連記事

フォトニュース

  1. 全国で金メダルを!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る