進化する保存食

 日高川町の防災イベントで、妻と子ども2人が非常食を試食させてもらった。メニューはチキンライス。開封後、調味粉末を入れてお湯を入れれば15分ほどで出来上がり、妻と子どもたちは味が少し濃いとの感想だったが、普通に食べていた。お湯だけでなく、水でも(時間は60分かかる)いいので、万一のときには重宝しそうだ。

 このような保存食の一つに、フリーズドライの製品がある。以前も当欄で取り上げたことがあるが、とにかく技術が日進月歩で次々と驚くような商品が発売されているのだ。あらためて説明すると、水分を含んだ食品や食品原料を急速に凍結し、さらに減圧して真空状態で水分を昇華させて乾燥させるという製法で、お湯をかけるだけでおいしい料理が完成する。一番メジャーなのがみそ汁。その他、さまざまな料理があり、都会では専門店もあるそうだ。

 いま、試作品の中には焼き鮭、串揚げなども含まれるという。鮭はパリッとした皮、串揚げはサクサク感が再現できるのかと誰でも頭に浮かぶが、何も問題ないらしい。先日、子どもの友達と母親で串カツパーティーを開いたのだが、子どもが騒ぐので油をテーブルに置いて揚げ物をしても大丈夫だろうかと心配したのも、あと何年かすれば不要になるだろう。熱湯に浸すだけで熱々の串カツが食べられるようになれば、とても便利だ。

 新しいものが世の中に出てきたときに、取り入れてみると生活がガラッと変わることがある。フリーズドライは防災用としてもストックしておけば心強い。それに、使い方しだいで家事の軽減にもつながるので、これからもどんな進化を見せてくれるのか目が離せそうにない。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 基本イメージはこんな感じ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る