県立医科大 樹状細胞ワクチンの共同治験施設が拡大

 県立医科大外科学第二講座が進めているすい臓がんに対する樹状細胞ワクチン開発の医師主導治験について、同講座の山上裕機教授(附属病院長)を中心とする研究チームは13日、治験参加施設が3機関増え、全国の14医療機関15診療科となったと発表した。

 樹状細胞ワクチンとは、患者のリンパ球のみを採取する成分献血により、がんを攻撃するT細胞(CTL)を活性化させる樹状細胞を体外で熟成させ、それにがんの目印となるがん抗原(ペプチド)を取り込ませた細胞。これをわきの下などの皮膚に注射することでCTLが活性化し、がん細胞のみを狙って効率的に攻撃する。

 研究チームは、標準療法では対応できない進行性すい臓がん患者を対象に、2017年3月から国内初の樹状細胞免疫療法の医師主導治験を実施。18年12月以降は全国11の医療機関(12診療科)で治験を実施、共同研究を進めているが、新たに中部地方の愛知県がんセンター、近畿地方の奈良県立医科大附属病院、九州地方の九州がんセンターが加わった。

 治験は現在、最終の第3相試験の段階。外科学第二講座代表医師の勝田将裕准教授は、「今回の実施施設拡大は、患者さんには治験参加の機会が広がり、私どもにとってはより早く、多くの治験データを得られることになります。患者さんが治験に参加できるのは来年3月までで、その後、約2年かけてデータを集積・解析し、最終的に有効性を検証する予定です」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る