県立医科大 樹状細胞ワクチンの共同治験施設が拡大

 県立医科大外科学第二講座が進めているすい臓がんに対する樹状細胞ワクチン開発の医師主導治験について、同講座の山上裕機教授(附属病院長)を中心とする研究チームは13日、治験参加施設が3機関増え、全国の14医療機関15診療科となったと発表した。

 樹状細胞ワクチンとは、患者のリンパ球のみを採取する成分献血により、がんを攻撃するT細胞(CTL)を活性化させる樹状細胞を体外で熟成させ、それにがんの目印となるがん抗原(ペプチド)を取り込ませた細胞。これをわきの下などの皮膚に注射することでCTLが活性化し、がん細胞のみを狙って効率的に攻撃する。

 研究チームは、標準療法では対応できない進行性すい臓がん患者を対象に、2017年3月から国内初の樹状細胞免疫療法の医師主導治験を実施。18年12月以降は全国11の医療機関(12診療科)で治験を実施、共同研究を進めているが、新たに中部地方の愛知県がんセンター、近畿地方の奈良県立医科大附属病院、九州地方の九州がんセンターが加わった。

 治験は現在、最終の第3相試験の段階。外科学第二講座代表医師の勝田将裕准教授は、「今回の実施施設拡大は、患者さんには治験参加の機会が広がり、私どもにとってはより早く、多くの治験データを得られることになります。患者さんが治験に参加できるのは来年3月までで、その後、約2年かけてデータを集積・解析し、最終的に有効性を検証する予定です」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る