新型コロナ 二階幹事長が知事と面談

 自民党の二階俊博幹事長らが17日、県庁知事室で仁坂吉伸知事と面談し、県内で新型コロナウイルスが発生している状況について、国を挙げて迅速に対応していくことを約束した。

 仁坂知事は県内で5人の感染が確認されている状況を説明しながら、「済生会有田病院を一刻も早く正常化宣言できるようにしたい。また、感染者は隔離し、濃厚接触者も徹底的に検査。感染経路は分かっていないが、ルート上の人も徹底的に検査する」と話したうえで、「検査態勢を充実させ、もっと早くいっぺんに検査をしたい。検査キットも増やしたい」と要望。さらに「二階先生から防護服はいただいたが、マスク不足の問題も何とかしてほしい」と求めた。

 二階幹事長は「状況をしっかり聞いて、党、政府としても情報を共有し、県民に安心してもらえるようにしたい」と意欲。「感染のまん延防止は国全体の問題だが、『和歌山県はさすが』と言われるような解決を皆さんとともに達成したい」とし、「医療物資は今後もてきぱきと対応したい。みんなが一丸となって新型コロナウイルスの撲滅へ対応していく」と誓った。

 鶴保庸介参議院議員や福井照自民党国土強靭化推進本部事務総長、県内選出国会議員らも同席した。

 二階幹事長 われわれは国民の健康と命を守ることを何よりも第一に考え、やるべきことは全てやるとの決意を持って、対応に当たっている。和歌山では知事を先頭に引き続き、診療体制に万全を期すなど危機管理に当たっていただくが、われわれとしては防護服、マスク等の支援はもちろん、風評被害や子どものいじめ等、県民の日常生活に支障が出ないよう、どんなことでもすぐに手を打ちたい。

写真=仁坂知事㊧から説明を受ける二階幹事長ら

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る