新型コロナ 二階幹事長が知事と面談

 自民党の二階俊博幹事長らが17日、県庁知事室で仁坂吉伸知事と面談し、県内で新型コロナウイルスが発生している状況について、国を挙げて迅速に対応していくことを約束した。

 仁坂知事は県内で5人の感染が確認されている状況を説明しながら、「済生会有田病院を一刻も早く正常化宣言できるようにしたい。また、感染者は隔離し、濃厚接触者も徹底的に検査。感染経路は分かっていないが、ルート上の人も徹底的に検査する」と話したうえで、「検査態勢を充実させ、もっと早くいっぺんに検査をしたい。検査キットも増やしたい」と要望。さらに「二階先生から防護服はいただいたが、マスク不足の問題も何とかしてほしい」と求めた。

 二階幹事長は「状況をしっかり聞いて、党、政府としても情報を共有し、県民に安心してもらえるようにしたい」と意欲。「感染のまん延防止は国全体の問題だが、『和歌山県はさすが』と言われるような解決を皆さんとともに達成したい」とし、「医療物資は今後もてきぱきと対応したい。みんなが一丸となって新型コロナウイルスの撲滅へ対応していく」と誓った。

 鶴保庸介参議院議員や福井照自民党国土強靭化推進本部事務総長、県内選出国会議員らも同席した。

 二階幹事長 われわれは国民の健康と命を守ることを何よりも第一に考え、やるべきことは全てやるとの決意を持って、対応に当たっている。和歌山では知事を先頭に引き続き、診療体制に万全を期すなど危機管理に当たっていただくが、われわれとしては防護服、マスク等の支援はもちろん、風評被害や子どものいじめ等、県民の日常生活に支障が出ないよう、どんなことでもすぐに手を打ちたい。

写真=仁坂知事㊧から説明を受ける二階幹事長ら

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る