手話の普及に期待

 印南町の学童クラブでは昨年7月、社協の子ども手話教室に参加したのをきっかけに、音楽を使った手話学習を実践。音楽に合わせてダンスのように手話をするので、子どもたちが手話に親しむきっかけになっていると思う。また、社会福祉協議会では去る26日まで、5会場の日程で、手話講習ミニコースを実施。参加者は講師の手話通訳者中島美雪さんからあいさつなど手話の基本を学んだ。このように印南町では子どもから大人まで、少しずつだが手話が広がっている。

 というのも、同町では2018年9月、手話言語条例を制定。手話が言語であるとの認識に基づき、手話を普及させ、ろう者と共生できる社会の実現を目指すのが目的。法的拘束力が十分あるわけではないが、自治体が率先して、ろう者との共生社会実現に向けた姿勢を示すことは、少なからず住民全体の意識向上にもつながっている。

 学童クラブでの手話学習や手話講習ミニコースも町民に手話への理解と関心を高めてもらうために、ぜひ継続してもらいたい。完璧にマスターするには時間がかかるだろうが、まずは少しでも自ら学んでみようという気持ちが大切。講師の中島さんも「手話をする際には伝えたい、理解したいという気持ちと、会話内容に合った素直な表情が大切」などと話していた。完璧にマスターするに越したことはないが、例え手話に自信がなかろうが、多少間違っていようが、ようは相手を思いやる気持ちがあれば、意思疎通は可能だということ。互いに寄り添うやさしい気持ちを持った人が増えれば、だれもが安心して暮らせるまちづくりにつながっていくと思う。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る