手話の普及に期待

 印南町の学童クラブでは昨年7月、社協の子ども手話教室に参加したのをきっかけに、音楽を使った手話学習を実践。音楽に合わせてダンスのように手話をするので、子どもたちが手話に親しむきっかけになっていると思う。また、社会福祉協議会では去る26日まで、5会場の日程で、手話講習ミニコースを実施。参加者は講師の手話通訳者中島美雪さんからあいさつなど手話の基本を学んだ。このように印南町では子どもから大人まで、少しずつだが手話が広がっている。

 というのも、同町では2018年9月、手話言語条例を制定。手話が言語であるとの認識に基づき、手話を普及させ、ろう者と共生できる社会の実現を目指すのが目的。法的拘束力が十分あるわけではないが、自治体が率先して、ろう者との共生社会実現に向けた姿勢を示すことは、少なからず住民全体の意識向上にもつながっている。

 学童クラブでの手話学習や手話講習ミニコースも町民に手話への理解と関心を高めてもらうために、ぜひ継続してもらいたい。完璧にマスターするには時間がかかるだろうが、まずは少しでも自ら学んでみようという気持ちが大切。講師の中島さんも「手話をする際には伝えたい、理解したいという気持ちと、会話内容に合った素直な表情が大切」などと話していた。完璧にマスターするに越したことはないが、例え手話に自信がなかろうが、多少間違っていようが、ようは相手を思いやる気持ちがあれば、意思疎通は可能だということ。互いに寄り添うやさしい気持ちを持った人が増えれば、だれもが安心して暮らせるまちづくりにつながっていくと思う。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る