性について考える

 「性別は男女のどちらかであるとは限らない」。先日、セクシャルマイノリティ(性的少数者)と理解者のためのグループで、和歌山市を中心に活動している特定非営利活動法人チーム紀伊水道の交流会が御坊市内で開かれた。約30人の参加者がテーブルを囲み、理事長の倉嶋麻理奈さんがセクシャルマイノリティの基礎知識について説明。「お互いによく話し合い、理解し合って、お付き合いしていきましょう」と呼びかけた。

 これまであまり考えたことがない話。言われてみれば「身体の性」「心の性」「社会的性」「性的指向」はさまざまで、▽男性と女性のちょうど中間▽男性でもあり女性でもある▽男性でも女性でもなく別の性▽自分には性別がない▽著しく男性寄りの女性▽限りなく女性に近い男性――という人ら、いろんな性があって人の数だけ性がある。男性か女性か100%どちらかである必要もない。セクシャリティ(性のあり方)は多種多様なものであることがよく分かった。

 「性のことは『ワイセツ』じゃなくて『タイセツ』なこと。肉体を持って生きている以上、性のことで当事者でない人はいない」――女優の杉本彩さんの言葉だそう。性は特別なものではなく、日常のいたるところに存在し、わいせつでも卑猥でもない。わいせつだとか卑猥だとかは、性そのものの性質ではなく、扱う者の性質。日常から性について話し合ったり、考えたりする習慣を身に付けることが大切になる。

 同法人は、社会で隠されてしまいがちなセクシャルマイノリティが可視化される機会を増やすとともに、多様な人々が互いを尊び合える日常を目指して活動。より多くの人に関心を持ってもらえるよう応援したい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年は48輪咲きました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る