性について考える

 「性別は男女のどちらかであるとは限らない」。先日、セクシャルマイノリティ(性的少数者)と理解者のためのグループで、和歌山市を中心に活動している特定非営利活動法人チーム紀伊水道の交流会が御坊市内で開かれた。約30人の参加者がテーブルを囲み、理事長の倉嶋麻理奈さんがセクシャルマイノリティの基礎知識について説明。「お互いによく話し合い、理解し合って、お付き合いしていきましょう」と呼びかけた。

 これまであまり考えたことがない話。言われてみれば「身体の性」「心の性」「社会的性」「性的指向」はさまざまで、▽男性と女性のちょうど中間▽男性でもあり女性でもある▽男性でも女性でもなく別の性▽自分には性別がない▽著しく男性寄りの女性▽限りなく女性に近い男性――という人ら、いろんな性があって人の数だけ性がある。男性か女性か100%どちらかである必要もない。セクシャリティ(性のあり方)は多種多様なものであることがよく分かった。

 「性のことは『ワイセツ』じゃなくて『タイセツ』なこと。肉体を持って生きている以上、性のことで当事者でない人はいない」――女優の杉本彩さんの言葉だそう。性は特別なものではなく、日常のいたるところに存在し、わいせつでも卑猥でもない。わいせつだとか卑猥だとかは、性そのものの性質ではなく、扱う者の性質。日常から性について話し合ったり、考えたりする習慣を身に付けることが大切になる。

 同法人は、社会で隠されてしまいがちなセクシャルマイノリティが可視化される機会を増やすとともに、多様な人々が互いを尊び合える日常を目指して活動。より多くの人に関心を持ってもらえるよう応援したい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る