少ないマスクを有効に使おう

 先日も記事に書いたが、日本全国でマスクが不足。御坊、日高地方でも例外ではなく、困っている人も多いことだろう。買い占めたマスクを高額で転売するインターネットサイトにはあふれているのに、本当に必要としている人が買えない状況が問題にもなっている。マスクメーカーは増産態勢をとっているが品薄解消のめどは予測できないという。

 なければ作ればいいということで、動画共有サイトYouTubeでは、ガーゼなどを使ってのマスクの作り方動画などがアップされている。筆者はマスクが苦手で、予防のためでは極力着用したくない方だが、風邪などでせきエチケットが必要になったり、ぼちぼち症状が出始めている花粉症がひどくなったりするとマスクが必要となる。そのときまでマスクの品切れが続いていたら参考にしようと思う。

 マスク欠品の取材でお邪魔したドラッグストアの店長が「間違ったマスクの付け方や取扱いをしている人が多い。せっかくのマスクを正しく使ってほしい」と話していたので、調べてみた。正しい着用法は、手を清潔にし、マスクの上下、表裏を確認する。正しい向きは箱やパッケージに記載されているが、ない場合は鼻回りにフィットさせるための金具を上に、プリーツがある場合はプリーツの山の部分が下向きになるように。裏表はボムひもが付いている方を外側(間違えている人が多いらしい)にして、ひだを上下に伸ばし、鼻の形に添わせてあごまでを覆う。顔にフィットさせながら耳にひもをかける。着用中は、鼻が出ている、あごにかける、表面を触る、ゴムひもがゆるいなどは厳禁。外す時も表面を触らず、ゴムひもを持つ、ポケットなどに入れたあと再着用しない。ぜひ実践しよう。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る