子どもが成長するジュニア駅伝

 16日に和歌山市で開催された第19回県市町村対抗ジュニア駅伝に、わがまち印南町の応援に行ってきた。今年は雨、そして強風の悪コンディションで、向かい風に苦しんだ選手、逆に追い風に乗ってとんでもない新記録が続出する区間もあって、記憶に残る大会になった。各市町とも数カ月間練習を重ね、本番に臨んだ。区間を任された選手、サポートに回った選手、それぞれに思いがあるだろうが、努力の過程はきっと力になっている。何より支えてくれた指導者、関係者、家族らに感謝の気持ちを持つことができたなら、それが一番の収穫ではないだろうか。

 個人の力を本番で最大限に発揮し、チーム全体で順位を競う、駅伝は究極の団体スポーツだと以前に書いたが、今でもその通りだと思う。個人のトラック競技では味わえない仲間との一体感や、また競争があり、切磋琢磨しながら結束力も深まっていく。体調や天候にも左右され、必ずしも持ちタイムが一番速い選手がベストパフォーマンスができるとは限らない。そこが難しさであり、面白さでもあるだろう。

 毎年、ジュニア駅伝チームを取材させてもらうが、他競技の選手が走ることの楽しさを知るきっかけになっていることが非常に多い。チームのメンバーに選ばれたことから陸上競技を始める選手もたくさんいる。陸上競技のすそ野を広げることに大きく貢献しているし、全国都道府県駅伝で昨年、男子が過去最高の9位を記録するなど、力のある選手を輩出する成果も出ているといえる。地域によっては選手集めに苦労している話もよく聞くが、ジュニア駅伝の選手に選ばれるように頑張るという、子どもたちの目標となる大会であり続けてほしい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る