大阪交響楽団の公演に期待

 子どもの頃にピアノを習った経験もなく、クラシック音楽を聴く機会といえば小・中・高校の音楽の授業でのレコード鑑賞ぐらいだった。この仕事に就いてさまざまな音楽演奏会を取材する機会を得たが、生演奏を通じて本当に「クラシック音楽っていいな」と実感したのは何年前だったか、御坊市民文化会館での大阪シンフォニカーのコンサートだった◆それまでなじみのなかった、ベートーベンの「交響曲第7番」を演奏。舞台から降って来る音の重なりが、身内に染み透るように感じられた。授業のレコード鑑賞とは違う、目の前の舞台にいるオーケストラが創ってくれる音の世界のただ中にいる心地よさ。第3楽章の弾むような楽しいメロディーは今も覚えている。「大阪シンフォニカーという名前を覚えておこう、交響曲第7番のこのメロディーを覚えておこう」と、聴いたその時に感動とともに思ったのだった◆大阪シンフォニカーから大阪シンフォニカー交響楽団、そして今の名称となった大阪交響楽団のコンサートが、「建国記念の日」の11日午後3時から御坊市民文化会館で開かれる。ダイワハウスの協賛により、料金は前売り1000円、当日1500円と格安である。今回は地元中学・高校の吹奏楽部と共演のステージもあり、少しでも多くの人にいろんな形でオーケストラの生演奏を楽しんでもらおうという心意気が感じられる。曲目はベートーベンのよりポピュラーな交響曲第5番「運命」、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」の中でも有名な「花のワルツ」と、親しみやすいプログラムだ◆「聴く者も、演奏する者も満足できる音楽を!」と発足した楽団であるという。あの時の感動を思い返しながら、新たな感動に出会うのを楽しみにしている。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る