大阪交響楽団 日高地方の中高生と共演

 御坊市民文化会館(指定管理者=㈱ハートス)主催、「大阪交響楽団・オーケストラコンサートin御坊」が11日、同会館大ホールで開催。ベートーベンの「運命」など有名なクラシック曲が演奏され、御坊ではあまりないプロのオーケストラの生演奏を堪能するいい機会となった。地元の中学・高校の吹奏楽部との共演もあり、来場者は「素晴らしかった」と満足そうに拍手を送っていた。

 舞台は3部構成で、1部はベートーベンの2曲。テンポが速く迫力のある序曲「コリオラン」で幕を開け、交響曲第5番「運命」へと続いた。よく知られたメロディーが迫力満点に奏でられ、来場者は身を乗り出すように聞き入った。演奏が終わると、客席からは大きな拍手とともに「ブラボー!」の声も飛んでいた。

 第2部はビゼーの「カルメン」、オッフェンバックの「天国と地獄」などクラシックに詳しくない人でも知っている曲を次々に演奏。正指揮者の太田弦さん(25)はマイクを手に気さくな口調で曲を解説し、「『天国と地獄』は死んだ妻を死後の世界へ迎えに行くという日本の昔話にもありそうな話ですが、どちらも本当は嫌なのに世間体のために迎えに行くというコメディーです」など豆知識を披露した。

 3部では御坊中、松洋中、紀央館高、和歌山南陵高の吹奏楽部、日高高のブラスバンド部有志がステージに上がり、プロの楽団員との共演が実現。太田さんのパワフルな指揮で、「オリンピック・スピリット」「宝島」「Sea of Wisdom~知恵を持つ海~」の3曲を演奏した。

 3曲目は作曲家の清水大輔が白浜の海をイメージしてつくった曲で、太田さんは「きのう初めて和歌山県へ来ましたが、夕暮れの海の美しさに感動しました」と話して演奏。地元の中高生もフルート、トランペットなどを手に、心を一つにして大曲に取り組んだ。会場からは割れんばかりの拍手が響き、来場者らは「いい音楽を生で聴けてよかった。中高生の皆さんもすごくうまかった」と満足そうに話していた。

写真=地元の中高生がプロの指揮で演奏

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る