大阪交響楽団 日高地方の中高生と共演

 御坊市民文化会館(指定管理者=㈱ハートス)主催、「大阪交響楽団・オーケストラコンサートin御坊」が11日、同会館大ホールで開催。ベートーベンの「運命」など有名なクラシック曲が演奏され、御坊ではあまりないプロのオーケストラの生演奏を堪能するいい機会となった。地元の中学・高校の吹奏楽部との共演もあり、来場者は「素晴らしかった」と満足そうに拍手を送っていた。

 舞台は3部構成で、1部はベートーベンの2曲。テンポが速く迫力のある序曲「コリオラン」で幕を開け、交響曲第5番「運命」へと続いた。よく知られたメロディーが迫力満点に奏でられ、来場者は身を乗り出すように聞き入った。演奏が終わると、客席からは大きな拍手とともに「ブラボー!」の声も飛んでいた。

 第2部はビゼーの「カルメン」、オッフェンバックの「天国と地獄」などクラシックに詳しくない人でも知っている曲を次々に演奏。正指揮者の太田弦さん(25)はマイクを手に気さくな口調で曲を解説し、「『天国と地獄』は死んだ妻を死後の世界へ迎えに行くという日本の昔話にもありそうな話ですが、どちらも本当は嫌なのに世間体のために迎えに行くというコメディーです」など豆知識を披露した。

 3部では御坊中、松洋中、紀央館高、和歌山南陵高の吹奏楽部、日高高のブラスバンド部有志がステージに上がり、プロの楽団員との共演が実現。太田さんのパワフルな指揮で、「オリンピック・スピリット」「宝島」「Sea of Wisdom~知恵を持つ海~」の3曲を演奏した。

 3曲目は作曲家の清水大輔が白浜の海をイメージしてつくった曲で、太田さんは「きのう初めて和歌山県へ来ましたが、夕暮れの海の美しさに感動しました」と話して演奏。地元の中高生もフルート、トランペットなどを手に、心を一つにして大曲に取り組んだ。会場からは割れんばかりの拍手が響き、来場者らは「いい音楽を生で聴けてよかった。中高生の皆さんもすごくうまかった」と満足そうに話していた。

写真=地元の中高生がプロの指揮で演奏

関連記事

フォトニュース

  1. 基本イメージはこんな感じ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る