和歌山でも新型コロナ

 和歌山県内でも新型コロナウイルスの感染者が相次いでいる。県内初確認となった50代男性は外科医ということで、医師の感染としては国内初。日頃からウイルス対策が万全な医者でさえも、感染の魔の手から逃れられなかった。これまで感染が確認された5人はいずれも済生会有田病院の医師や患者。1人目の男性医師と2人目の70代男性患者は直接の接触はなく、県は院内で2人目に感染した可能性を否定。3~5人目は1人目の医師との接触があり、院内感染の可能性が高いという。いずれにしても感染経路は不明というのが不気味で、いつどこでだれが突発的に発生してもおかしくないと言える。

 発表によると感染者はいずれも県内在住者。それ以上の情報はプライバシー保護で明かされておらず、現在入院している病院も非公表。それがゆえに「あの病院に搬送された」「感染者はあの町の在住者」などのうわさが飛び交い、余計に不安をあおることにもなっている。せめて感染者が在住している保健所圏域や現在入院している病院ぐらいは公表してもいいのではないだろうか。あと、すでに感染が確認された人のこれまでの足取りなども不明。特に新たに陽性反応が出た男性医師は大阪の病院に出張して診察もしていたそうだが、その病院も非公表。不安をあおるためではなく、正しい知識と危機意識を持って感染拡大を防ぐためにもう少し情報公開してもいいのではないだろうか。確かに風評被害も心配されるが、まずは感染予防が大切だ。

 いずれにしても、自分がいま何ができるのか。過度の恐れは禁物。とにかく手洗いやせきエチケットなどを徹底しよう。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る