印南町長選 現職日裏氏が無投票で3選

 4日告示された印南町長選は現職の日裏勝己氏(69)=皆瀬川=以外に立候補の届け出がなく、無投票で3選が決まった。1期目、2期目ともに町を二分する激しい選挙戦となったが、住民目線、安心・安全のまちづくりが浸透し、今回、同町長選で23年ぶりとなる無投票。3期目に向けて「住みたい、住み続けたいまちへ全力で頑張りたい」と意気込みを示した。

 この日午後5時を過ぎて町内放送で日裏氏の無投票当選が伝えられると、印南地内の選挙事務所に集まった多くの支持者から祝福の拍手が起きた。

 祝勝会では後援会の中村泰介会長(63)が「1期目から大変厳しい船出だったが、前を向いて一生懸命やった実績が、無投票のご褒美となった。皆さんの支援を胸に、日裏は一生懸命頑張ります」とあいさつ。来賓の自民党二階俊博幹事長秘書の二階俊樹氏、県町村会会長の小谷芳正みなべ町長、玄素彰人県議も祝辞を述べた。日裏氏と妻の幸代さん(65)、中村会長に日裏夫婦の孫の日裏ゆめちゃん(7)、露口結彩(ゆい)ちゃん(7)と妹の綾柚(あゆ)ちゃん(3)から花束が贈呈された。

 マイクを手にした日裏氏は「本当にありがとうございました」と深々と頭を下げて感謝。朝から街宣車に乗って町内を一巡し、多くの支援や期待に胸を熱くしていたことを振り返りながら、「これだけ多くの人からまちを任されている。しっかりまちを守っていかなければならない」と無投票の重さを強調。「印南町にも多くの課題がある。自然災害に対応して、町民をどこまで守れるのか。町民の幸せをどこに求めればいいのか。私一人で解決できるものではない。皆さんの力を結集して、十分お借りして、達成していかなければならない」と述べ、「希望の持てる印南町に楽しく生活できる、住みたい、住み続けたい、そんなことを実感できるまちをつくるため、死にもの狂いで頑張っていくことを誓う」と声を張り上げた。

 マニフェストの「希望を持てる5つのまちづくり」については①住みたい、住み続けたい②子育て・教育の充実③強靭で安全・安心④思いやりと安らぎ⑤地域産業が輝きにぎわい――を掲げており、「民間の力を借りて高台の宅地化を進め、人口減少対策につなげたい。子育て・教育面ではこれまで学校に空調を整備したが、さらにトイレ水洗化やICTの活用も進めたい」などと意欲をみせた。

写真=孫のゆめちゃんから花束を受け取り笑顔満開の日裏氏

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る