デマ発信者にならない

 昨年6月の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)直前に「拳銃でブッ放す」とインターネットの掲示板に書き込みをしたとして、軽犯罪法違反の疑いで和歌山市に住むアルバイトの女性が書類送検された、というニュースがあった。それによると、女性は昨年6月、自宅でスマートフォンからネット掲示板に「拳銃G20でブッ放すわ 見とけや」と書き込み、サミット警備に従事していた警察官の業務を妨害した疑い。「ネット中毒で思いついたら投稿してしまう。仕事のストレスで書き込みが日常的になっていた」と容疑を認めているという。

 一方、新型コロナウイルス感染症を巡っては先日、テレビの情報番組が誤って「和歌山で感染症を確認」と伝え、SNS上で拡散された。いまとなっては現実になってしまった話だが、テレビ局は番組ホームページ内で謝罪。ほかにも「御坊で感染者が出た」とのうわさが広がったり、東京五輪・パラリンピック中止のデマが流れたり、中国では「患者が逃げた」「バナナを食べると感染する」といった誤情報が飛び交っているようで、慎重な姿勢で情報を入手する必要がある。

 過去をみても、このような感染症の拡大や災害時にはデマが蔓延している。東日本大震災の原発事故では放射能汚染を巡る悪質なデマや中傷があり、熊本地震の際には「ライオンが逃げた」とされる偽造映像が拡散。一方でネット上の誤った情報は意図しない流言のときもあれば、誰かが意図的に作り出したうその内容が悪意のない人によって、また、ときには善意によって広がることもある。「ねえねえ、聞いて聞いて」の前に確認。安易にシェアして自分がデマの発信者にならないように注意が必要だ。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 日ノ岬に色づく2500本の桜

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る