ステージイベントの魅力

 歌舞伎をはじめとする演劇、音楽コンサート、朗読や暗唱も含め舞台芸術が大好きなのは、その時その時の舞台がまさに一期一会、演者と観客が一緒になって創りあげる唯一無二の作品だからだ。◆先月、御坊市民文化会館で開かれたコロッケコンサート。「アコースティックコーナー」と題して懐メロをうたう場面があった。「(笑い抜きで)ちゃんと聴きたい方います?」とコロッケさんが客席に問いかけると、予想外なほど大きな拍手。「あ、そんなにいらっしゃる?」と驚いたようだったコロッケさんは「唯一、淡谷のり子さんにほめて頂いた曲です」と、「君恋し」を正統的にうたってくれた◆番組でフランク永井の物真似をして淡谷のり子さんに「どうしてふざけるの!」と怒られ、そこで「いや物真似で笑ってもらうのが私の仕事なんですよ」と説明するような野暮はせず、求められるままおふざけなしで歌を披露。「やればできるじゃない」とほめてもらったという◆それまで前半のパフォーマンスで、「これだけ幅広いプログラム、それぞれの特徴を捉えながら再現していくなんて、よほど声量と歌唱力がある人でなければできないことなんだろうな」と思っていたので、その声の魅力を正面から聴くことができたのは幸運だった◆そんなステージイベント等が当分味わえそうもない、困った非日常が続いている。本当はいい舞台を観ることもストレスを解消し、免疫力アップにつながるかもしれないのだが、そうも言っていられない状況なのが残念だ◆重症化の恐れのある人達が新型ウイルスに感染することのないよう細心の注意を払いつつ、万が一かかっても軽く済むよう免疫力を高めておく備えをしながら、一刻も早く収束に向かうことを祈るしかない。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年は48輪咲きました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る