カナダ移民の子孫がミュージアムに蔵書寄贈

 美浜町三尾のカナダミュージアム(三尾たかえ館長)に、カナダや日系移民の歴史書や日系二世に関するものなど67冊の蔵書が移民の子孫から贈られた。

 本を寄贈したのは、バンクバーで生まれ、9歳まで過ごしたという嶋英洋さん(88)=千葉県=。嶋さんの亡きおじ嶋正一さんは、カナダの野球殿堂、BC州スポーツ殿堂入りを果たした伝説の日系人野球チーム「バンクーバー朝日」の元選手。先月、東京でチームの資料収集等に取り組むいとこの嶋洋文さん(72)とともに正一さんと同じチームに所属していた野田為雄さんの故郷三尾を訪れ、カナダミュージアムに立ち寄った。同ミュージアムで、移民者が帰国後、カナダの生活様式や文化を根付かせた歴史、当時の貴重な資料を見学した英洋さんは、「人生をかけた大事業(海外移住)は、単に当事者だけのことではなく、その土地の人たちの協力で成り立つことが理解できました。日ノ御埼灯台は、移住者を送り出し、また、故郷に帰る人を出迎えた心の灯。その歴史がミュージアムにあります」と感銘を受け、自身が集めた蔵書を役立てたいと寄贈することになった。贈られたのは、「カナダ日本人移民物語」「カナダ日系移民の軌跡」「カナダ 経済の旅」「カナダ移民排斥史(日本の漁民移民)」など67冊。寄贈を受けた三尾館長は「貴重な蔵書をいただきありがたいです。展示やカナダ移民について学ぶ学生さんに、研究資料として活用してもらえるよう準備したいです」と話していた。

写真=贈られたカナダ移民関連の書籍と三尾館長

関連記事

フォトニュース

  1. 今年は48輪咲きました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る