イチゴ「まりひめ」 品種登録10周年

 県農業試験場が開発した和歌山オリジナルのイチゴ品種「まりひめ」は3月18日、品種登録10周年を迎える。果実が大きく、強い甘み、優しい酸味、芳醇な香りの果実は年々、消費者の人気が増してきており、栽培面積は当初の3倍近くにまで拡大。ブランドの確立に伴い、農業所得の向上にも貢献している。日高地方は県内2番目の産地で、生産者からは節目の日を前に、消費者への感謝の声が聞かれている。

 県農林水産部によると、まりひめは2010年3月18日に品種登録された。早生(わせ)で豊産性の「章姫」と、コクのある食味の「さちのか」を交配させて開発。和歌山の民芸品「紀州てまり」のようにかわいらしく、みんなに愛される品種となるよう願って命名された。果実はきれいな円錐形で鮮やかな紅色。果肉も紅色を帯び、食感はジューシー。9月中、下旬に苗を定植。12月上旬から翌年5月上旬まで出荷が続き、収量安定、高品質、初期収量の多さなどの特長から農業所得向上にも貢献している。

 県から県いちご生産組合連合会(三原康弘会長、19年度会員数244人)が利用許諾を受け、会員がハウスで栽培。08年の品種登録出願公表時に0・5㌶だった栽培面積は品種登録された10年に5・7㌶となっており、19年には登録時から3倍近い16・2㌶まで広がった。栽培場所は県内に限定されており、日高地方は御坊市や日高川町を中心に3・3㌶の栽培面積で那賀地方4・9㌶(以上17年産データ)に次ぐ産地。19年産県内いちご栽培の約60%はまりひめだった。

 県いちご生産組合連合会の三原会長(39)は日高川町三百瀬で「みはらファーム」を営み、イチゴ栽培に従事している。いまは、まりひめだけを23㌃のハウスで栽培。苗づくりの際などに病気にかかりやすく、毎日の観察や適正管理の苦労もあるが、「お客さんの評価が一番高く、2人の娘は毎日でも食べたいといってくれます。和歌山といえば『まりひめ』と、知らない人がいないくらい認知いただいていることも、やりがいにつながっています」と生産に情熱を燃やしている。ブランドの確立に伴い、「県外産より高単価」という県オリジナル品種。出荷先は京阪神や関東方面もあるが、中心は県内で、〝10歳誕生日〟を前に「県民の皆さんに愛され、育てていただき、感謝しています」と話している。

写真=まりひめと三原会長(日高川町三百瀬)

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る