もったいない大賞 紀州ほそ川に審査委員長賞

 みなべ町晩稲、梅加工販売会社の㈱紀州ほそ川(細川庄三代表)が、公益財団法人食品等流通合理化促進機構の第7回食品産業もったいない大賞の審査委員会委員長賞を受賞した。ほそ川は産業廃棄物として処分されていた梅酢で飼料を開発し、紀州うめどり・うめたまごなどのブランド化を実現したことなどが高く評価された。6日に東京で行われた表彰式に細川代表が出席し、事例発表も行った。

 もったいない大賞は、省エネや廃棄物の削減、教育などで顕著な実績を挙げている食品関連事業者や個人を広く発掘、表彰し、食品産業全体での地球温暖化防止や食品ロス削減等を促進することを目的として毎年行っている。今年は農林水産大臣賞1点、農林水産省食料産業局長賞3点、審査委員長賞5点が選ばれた。

 紀州ほそ川の取り組みは「畜産物のブランド化をもたらした未利用資源『梅酢』の活用」。梅酢は梅の実を塩漬けにしたときに出てくる塩分を含む酸味の強い汁で、産業廃棄物として処理されていた未利用分の有効活用を検討。「鶏に梅酢を与えると夏バテしない」という住民の話をヒントに県養鶏研究所で実験を開始した。

 梅酢をろ過、脱塩、濃縮して梅酢飼料を開発してエサとして与える検証を3年間行った結果、採卵率が向上し、卵質や鮮度、卵黄中の葉酸濃度もアップ。さらに鶏肉自体の保水性や歯ごたえもよくなったことから、同社と養鶏業者、販売業者で協議会を立ち上げ、紀州うめどり、うめたまごとしてブランド商品を開発。うめどりは2008年食肉コンテストで最優秀賞を獲得。うめたまごは2014年たまごかけごはん25種食べ比べランキングで1位に輝くなど、ともにおいしさ日本一のお墨付きをもらった。

 現在では養殖マダイに梅酢飼料を与え「梅まだい」、同様に飼育した豚を「紀州うめぶた」としてブランド化。人の不妊治療に効果を発揮している梅抽出物「ウムリン」も商品化している。これらの取り組みから産業廃棄物の削減等に貢献していることが認められた。

 細川代表は事例発表で取り組みを説明し、「梅酢飼料を養鶏業者、養鶏から出た鶏糞を生産者、鶏糞を肥料として生産した梅と梅酢を加工業者へと、地域で循環できる仕組みを作りたい」と力説。受賞には「取り組みが評価されてうれしい。これからも用途開発や販路開拓で梅酢の需要を伸ばし、地元に貢献していきたい」と話している。

写真=表彰状を受けた細川代表(右は細田衛士審査委員長)

関連記事

フォトニュース

  1. 基本イメージはこんな感じ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る