みなべ町でUME-1フェスタにぎわう

 日本一の梅の里みなべ町で9日、UME―1フェスタが開催され、県内外から集まった多くの人でにぎわった。高校生がオリジナル梅料理を競う第5回グルメ甲子園と、梅の種を口から飛ばす距離を競う「やにこい種とばし」の2本立て。グルメ甲子園は販売テントに常に行列ができ、各校ともほぼ完売するなど盛況で、種飛ばしは優勝賞金30万円目指して延べ1400人が挑戦する人気ぶりとなった。

 みなべ町、JA紀州、みなべ梅対策協議会、みなべ町商工会青年部が共催、日高新報社など後援。開会セレモニーで小谷芳正町長は「グルメ甲子園は過去4回と今年を含めて50のアイデアレシピがあり、一冊にまとめたい」などとあいさつした。

 福祉センター特設会場で行われたグルメ甲子園は今年も書類審査を通過した県外5、県内5の10校が参戦。梅をふんだんに使ったオリジナルの料理をその場で作って販売し、UMEパウンドケーキ、梅あんかけチャーハン、梅しらすはんぺんボールの卵スープなど名前だけで食欲をそそるメニューに長蛇の列ができた。

 毎年楽しみにしているという町内の石橋有紀さん(45)と瑠海ちゃん(6)の母娘は、「地元南部高校のしゅうまいなど6校の料理を食べましたが、どれもすごくおいしかった。来年もぜひ来たい」と話していた。

 ホテル&リゾーツ和歌山みなべの上野和成料理長(委員長)、小谷町長ら10人の審査員が味や食感、独創性、PRの仕方など総合的に審査。神島高校(田辺市)の梅どりの手羽先にカリカリ梅や熊野米のもち米を詰めてカリッと揚げ、梅酢を使ったオリジナルスープで食べる「うめぇ~ってば!」が優勝し、地元南部高校は敢闘賞を受賞した。

 隣接の上南部中学校体育館では種とばし大会が開かれた。梅干しを食べて、残った種を口から勢いよく吹き出して、飛んだ距離を競うシンプルな競技。一般の部は男女ともそれぞれ優勝者に30万円が贈られるとあって、真剣そのもの。助走をつけて勢いよく飛ばしたり、何回も挑戦する人が続出。何度も1位が入れ替わる激戦に歓声が上がっていた。

 初参加の美浜町の原井まどかさん(37)、力生(りき)君(8)、大偉矢(だいや)君(6)の母子は「面白かったので、また来年参加したいです」と笑顔いっぱい。このほか吉本芸人モンスーンの司会で、シンガーソングライター川島ケイジのライブ、紀州梅音頭、高校生カラオケバトルなどでにぎわった。

写真=グルメ甲子園のテントは行列ができる人気となった

関連記事

フォトニュース

  1. 日ノ岬に色づく2500本の桜

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る