いまこそ精神力の強さを

 洋の東西を問わず、景気が悪くなると犯罪が増え、経済の失政で生活の困窮が続くと国民の心はすさみ、過激な排他的思想に走ってテロなどが引き起こされる。国家間の紛争が世界大戦に発展したのは歴史の事実。

 人間には理性があり、欲望を抑え、他人と協調することで社会の安定を維持している。しかし、人間の精神はいとも簡単にバランスが崩れ、目の前の恐怖、目に見えない不安が崩壊への速度を加速する。

 スティーブン・キング原作のホラー・サスペンス映画「ミスト」。ある日、湖畔のまち全体が謎の霧に包まれ、スーパー内に閉じ込められた住民が正体不明の怪物に襲われる。エイリアン的な怪物の怖さより、集団の恐怖と発狂を描いた点で秀逸である。

 閉鎖空間に閉じ込められた人々が恐怖心と猜疑心にさいなまれ、1人の女が怒れる神に生贄を差し出せと叫ぶ。目の前で次々と仲間が亡くなっていくなか、信仰に救いを求め、集団の中からカルトなリーダーが誕生する。

 いま、現実の私たちもよく似た危機のとば口に立っている。新型ウイルスは高齢者の命を奪い、感染、拡大を続けている。安倍首相が全国一斉の休校要請に踏み切り、前代未聞の国家的閉鎖措置に、一気に国民の危機感が高まった。

 マスクや消毒液は品切れが続き、ネットで法外な値段で転売され、入荷した店では行列への割り込みを巡り殴り合いの喧嘩も。国会ではここぞとばかり、野党議員が対策の遅れを声高にあげつらう。

 新型ウイルスで経済が冷え、株価が下がり、マスクを奪い合う姿は、スペイン風邪大流行のあとの昭和金融恐慌の取り付け騒ぎのよう。いまこそ、どんなときも冷静さを失わぬ日本人の精神力の強さを発揮したい。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年は48輪咲きました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る