JR印南駅の来訪者ノート 7カ月で書き込み160件

 印南町印南のJR印南駅に昨年6月から置かれている来訪者ノートは23日までの約7カ月間で、160件にも上る書き込みがある。駅舎内にある、全国的にもユニークなカエルのオブジェや自由に弾けるピアノなどを目当てに京阪神だけでなく、関東や海外からもやって来るほどの人気ぶり。ノートには駅と印南町の印象、旅の思い出などが思い思いにつづられている。

 駅舎は町が2017年度、JRから無償提供を受けてリノベーション。町のシンボルとなっている駅近くのかえる橋にちなみ、駅舎内ではカエルのリアルなオブジェ6体が来訪者を出迎える。町内保育園統合で使わなくなったピアノも設置され、コンサートも催されている。また、昨年暮れは駅舎にイルミネーションを点灯。今月1日からはオリジナル駅カードも発行するなど、何かと話題の多い駅となっている。

 来訪者ノートはピアノの上のカエルのオブジェの前に置かれており、最初の書き込みは昨年6月10日、「初昼デートで遊びに来た記念。海南市からピアノを弾きに来ました」とロマンティックな内容。以後、続々と書き込みがされており、近隣では御坊市、上富田、湯浅町、京阪神では奈良、大阪、兵庫、京都、中部では愛知、関東では東京、埼玉、千葉などから訪問しており、全国にファンがいることがうかがえる。

 書き込みは「ピアノ発表会前に練習に来ました」「カエルのオブジェがとってもリアル」「イルミネーション見にきました」「かえる橋渡りました」「ネットで見て来ました」などがあり、「印南という素敵な場所にたどりつけたことを誇りに思います」「印南に来るとほのぼのします」などと、印南町が気に入った様子。中には「失恋しました」と傷心旅行を思わせる内容や、4度目というリピーター、マレーシアの学生、英語の書き込みもある。地元の学生や印南出身者のコメントも多く、「春から東京の大学生。田舎が恋しくなりそう」などとふるさとを愛する気持ちがつづられている。カエルのオブジェを制作した宮崎県の造形作家、松下太紀さんも昨年10月19日、再び同駅を訪れたようで、ノートにカエルのイラストを描いている。

 駅従事員の太田通史(なおふみ)さん(73)は「ピアノが人気ですね。親子連れも多く来ています。駅カードも珍しいらしく、思った以上に出ています」と話している。

写真=カエルのオブジェの前に置かれた来訪者ノート

関連記事

フォトニュース

  1. 日ノ岬に色づく2500本の桜

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る