JR印南駅の来訪者ノート 7カ月で書き込み160件

 印南町印南のJR印南駅に昨年6月から置かれている来訪者ノートは23日までの約7カ月間で、160件にも上る書き込みがある。駅舎内にある、全国的にもユニークなカエルのオブジェや自由に弾けるピアノなどを目当てに京阪神だけでなく、関東や海外からもやって来るほどの人気ぶり。ノートには駅と印南町の印象、旅の思い出などが思い思いにつづられている。

 駅舎は町が2017年度、JRから無償提供を受けてリノベーション。町のシンボルとなっている駅近くのかえる橋にちなみ、駅舎内ではカエルのリアルなオブジェ6体が来訪者を出迎える。町内保育園統合で使わなくなったピアノも設置され、コンサートも催されている。また、昨年暮れは駅舎にイルミネーションを点灯。今月1日からはオリジナル駅カードも発行するなど、何かと話題の多い駅となっている。

 来訪者ノートはピアノの上のカエルのオブジェの前に置かれており、最初の書き込みは昨年6月10日、「初昼デートで遊びに来た記念。海南市からピアノを弾きに来ました」とロマンティックな内容。以後、続々と書き込みがされており、近隣では御坊市、上富田、湯浅町、京阪神では奈良、大阪、兵庫、京都、中部では愛知、関東では東京、埼玉、千葉などから訪問しており、全国にファンがいることがうかがえる。

 書き込みは「ピアノ発表会前に練習に来ました」「カエルのオブジェがとってもリアル」「イルミネーション見にきました」「かえる橋渡りました」「ネットで見て来ました」などがあり、「印南という素敵な場所にたどりつけたことを誇りに思います」「印南に来るとほのぼのします」などと、印南町が気に入った様子。中には「失恋しました」と傷心旅行を思わせる内容や、4度目というリピーター、マレーシアの学生、英語の書き込みもある。地元の学生や印南出身者のコメントも多く、「春から東京の大学生。田舎が恋しくなりそう」などとふるさとを愛する気持ちがつづられている。カエルのオブジェを制作した宮崎県の造形作家、松下太紀さんも昨年10月19日、再び同駅を訪れたようで、ノートにカエルのイラストを描いている。

 駅従事員の太田通史(なおふみ)さん(73)は「ピアノが人気ですね。親子連れも多く来ています。駅カードも珍しいらしく、思った以上に出ています」と話している。

写真=カエルのオブジェの前に置かれた来訪者ノート

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る