黒潮フルーツライン 地元有志が広場を整備

 印南町樮川地内の山頂を通る黒潮フルーツライン(農業用道路)沿いで、「みはらし峠」と名付けられた広場の整備が進められている。遠くまで連なる山々や夕日など、美しく雄大な自然のパノラマが文字通り見晴らせる絶景ポイント。地元有志がサクラやモミジの植樹、木製ベンチ作りなどを9年越しでコツコツと進めており、思い描いていた整備の実現までもう一息だという。

 黒潮フルーツラインは印南町樮川とみなべ町西本庄を結ぶルートで、2010年度に完成。樮川地内を通る山頂の場所(標高約230㍍)からは東向きに遠くの山々が見渡せ、近くの山頂には13基の風力発電施設もそびえ立つ。西を向けば水平線があり、冬場は夕日が沈む様子も美しく、天気がよければ四国も見える。

 樮川の会社員西岡忠男さん(67)は山頂の素晴らしい景色にほれ込み、11年度から友人の大村幹男さん(73)らの協力を得て、広場の整備を始めた。面積は駐車場を含めて約1000平方㍍。最初の3年間は県の補助金を活用したが、その後はアルミ缶回収など自分たちで資金を調達して植樹用の苗を少しずつ購入。これまでにサクラ(ソメイヨシノ)120本はじめ、モミジ、ツツジの植樹、花壇にはスイセン球根5000個、ヒガンバナ5000本を植栽した。林業経験がある西岡さんは木製ベンチや机なども手作り。簡易のトイレも設置した。地元主婦も草引きなどの管理で協力。3年前には広場を「みはらし峠」と命名、知る人ぞ知る名所になっており、今月1日早朝には約60人が訪れ、初日の出を拝んだ。

 西岡さんは「樮川も過疎化が進む中、何か後世に残せる場所をと思い整備しています。訪れた人から『いい場所ですね』と喜んでもらえるのがやりがい」とにっこり。「2月にはまたサクラの苗25本を植えます。モミジの苗がシカの食害に遭い対策も必要ですが、あと1年ぐらいで頭に描いていた広場の構想はだいたい完成すると思います」と話している。

写真=絶景が望めるみはらし峠で西岡さん㊧と大村さん

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る