黒潮フルーツライン 地元有志が広場を整備

 印南町樮川地内の山頂を通る黒潮フルーツライン(農業用道路)沿いで、「みはらし峠」と名付けられた広場の整備が進められている。遠くまで連なる山々や夕日など、美しく雄大な自然のパノラマが文字通り見晴らせる絶景ポイント。地元有志がサクラやモミジの植樹、木製ベンチ作りなどを9年越しでコツコツと進めており、思い描いていた整備の実現までもう一息だという。

 黒潮フルーツラインは印南町樮川とみなべ町西本庄を結ぶルートで、2010年度に完成。樮川地内を通る山頂の場所(標高約230㍍)からは東向きに遠くの山々が見渡せ、近くの山頂には13基の風力発電施設もそびえ立つ。西を向けば水平線があり、冬場は夕日が沈む様子も美しく、天気がよければ四国も見える。

 樮川の会社員西岡忠男さん(67)は山頂の素晴らしい景色にほれ込み、11年度から友人の大村幹男さん(73)らの協力を得て、広場の整備を始めた。面積は駐車場を含めて約1000平方㍍。最初の3年間は県の補助金を活用したが、その後はアルミ缶回収など自分たちで資金を調達して植樹用の苗を少しずつ購入。これまでにサクラ(ソメイヨシノ)120本はじめ、モミジ、ツツジの植樹、花壇にはスイセン球根5000個、ヒガンバナ5000本を植栽した。林業経験がある西岡さんは木製ベンチや机なども手作り。簡易のトイレも設置した。地元主婦も草引きなどの管理で協力。3年前には広場を「みはらし峠」と命名、知る人ぞ知る名所になっており、今月1日早朝には約60人が訪れ、初日の出を拝んだ。

 西岡さんは「樮川も過疎化が進む中、何か後世に残せる場所をと思い整備しています。訪れた人から『いい場所ですね』と喜んでもらえるのがやりがい」とにっこり。「2月にはまたサクラの苗25本を植えます。モミジの苗がシカの食害に遭い対策も必要ですが、あと1年ぐらいで頭に描いていた広場の構想はだいたい完成すると思います」と話している。

写真=絶景が望めるみはらし峠で西岡さん㊧と大村さん

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る