県文化賞 がん新薬開発の酒井氏ら表彰

 今年度の県文化表彰の表彰式が24日、県庁正庁で行われ、がん治療の画期的新薬開発の功績で文化賞を受賞した湯浅町出身の京都府立医科大創薬センター長酒井敏行氏(66)=京都市=ら5人に表彰状と徽章(メダル)が贈られた。

 酒井氏は耐久高校から京都府立医科大を卒業し、34歳から約3年間、ハーバード大へ留学。その後、発がんメカニズムに関する研究に取り組み、発がん原因分子のみを標的とする副作用の少ない分子標的薬MEK阻害剤「トラメチニブ(商品名メキニスト)」を開発した。

 メキニストはほくろのがんのメラノーマ(悪性黒色腫)に劇的な効果があり、甲状腺未分化がんなどにも日本をはじめ世界各国で第一選択薬として使用されている。

 がんの特効薬開発を目指すきっかけとなったのは、高校時代、弟が骨肉腫で亡くなったこと。今回の県文化賞受賞に「これまでも多くの表彰をいただきましたが、ふるさと和歌山県からいただけるということで特別うれしい」と笑顔をみせ、「弟は『まだまだ』と思ってるでしょうから、もっともっと頑張って、多くのがん患者を救える薬を開発したいと思います」と話していた。

 酒井氏のほか、作曲家石黒晶氏(65)=大阪府=、国文学者林雅彦氏(75)=千葉県=、経済学者宮本勝浩氏(75)=大阪府=に文化功労賞、画家小柳裕氏(42)=京都府=に文化奨励賞が贈られた。

写真=受賞者を代表して謝辞を述べる酒井氏

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る