県文化賞 がん新薬開発の酒井氏ら表彰

 今年度の県文化表彰の表彰式が24日、県庁正庁で行われ、がん治療の画期的新薬開発の功績で文化賞を受賞した湯浅町出身の京都府立医科大創薬センター長酒井敏行氏(66)=京都市=ら5人に表彰状と徽章(メダル)が贈られた。

 酒井氏は耐久高校から京都府立医科大を卒業し、34歳から約3年間、ハーバード大へ留学。その後、発がんメカニズムに関する研究に取り組み、発がん原因分子のみを標的とする副作用の少ない分子標的薬MEK阻害剤「トラメチニブ(商品名メキニスト)」を開発した。

 メキニストはほくろのがんのメラノーマ(悪性黒色腫)に劇的な効果があり、甲状腺未分化がんなどにも日本をはじめ世界各国で第一選択薬として使用されている。

 がんの特効薬開発を目指すきっかけとなったのは、高校時代、弟が骨肉腫で亡くなったこと。今回の県文化賞受賞に「これまでも多くの表彰をいただきましたが、ふるさと和歌山県からいただけるということで特別うれしい」と笑顔をみせ、「弟は『まだまだ』と思ってるでしょうから、もっともっと頑張って、多くのがん患者を救える薬を開発したいと思います」と話していた。

 酒井氏のほか、作曲家石黒晶氏(65)=大阪府=、国文学者林雅彦氏(75)=千葉県=、経済学者宮本勝浩氏(75)=大阪府=に文化功労賞、画家小柳裕氏(42)=京都府=に文化奨励賞が贈られた。

写真=受賞者を代表して謝辞を述べる酒井氏

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いします

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る