相撲が最高に面白い

 小兵の炎鵬が懐にもぐり込み、鮮やかな出し投げで自分よりはるかに大きな相手を土俵に転がす。幕尻徳勝龍の初優勝で幕を閉じた今場所、両横綱が早々に休場した土俵を小さなヒーローが大いに沸かせた。

 にわかファンで盛り上がるラグビーに劣らず、いま、相撲が最高に面白い。この初場所の徳勝龍の優勝は誰もが予想外で、多くのファンはやはり横綱白鵬を筆頭に、同じく横綱鶴竜、大関貴景勝、関脇朝乃山らを優勝候補とみていたのでは。

 今場所、最も盛り上がったのは白鵬と遠藤の一番。先場所、遠藤は左の張り手と強烈な右かちあげをまともに食らい、ひざから崩れ落ちて流血した。これには横審も「横綱として見苦しい」と苦言を呈したが、43回の優勝を誇る白鵬はどこ吹く風。

 初場所前の稽古総見でも、先場所敗れた大栄翔を三番稽古に指名し、12番とって全勝した。他力士との勝負で疲れきっていた大栄翔を相手に、見守る横審委員をあざ笑うかのようにかち上げを連発。理事長の別の力士とやれとの指示も無視した。

 そんななかで迎えた白鵬―遠藤戦。白鵬はまたも先場所と同じ張り手とかち上げを繰り出したが、遠藤はこれを読んでいたかのようにかわして左を深く差し、強烈な投げをこらえ、最後は外掛けで背中から土俵にたたきつけた。

 国技館は圧倒的な遠藤ファンの歓喜に包まれ、いつも以上に多くの座布団が舞い、おそらく初めてであろう取り組み後の遠藤コールまでわき起こった。それほど先場所の白鵬の相撲はエグく、胸がすく見事なリベンジだった。

 もはやかち上げなしでは勝てぬ白鵬に、引導を渡すのは誰か。遠藤、朝乃山、正代…次の大阪も日本人力士に大いに暴れてもらいたい。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 基本イメージはこんな感じ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る